iOS(iPhone・iPad)のユーザー最適化でECサイトのコンバージョンがアップ

世界のスマートフォン売上では、圧倒的にAndroidのシェアが高いが、ECサイトではiOS(iPhone・iPad)のほうがのコンバージョンが高い傾向にある。
まして、日本ではiPhoneのシェアはAndroidとは互角。

レスポンシブWebデザインやスマホサイトも、iOS(iPhone・iPad)対応が必須と言える。

また、iOSデバイスと連携するなら、同じAppleのMac、Mac版iTunesがベター!

スポンサーリンク

 

iOS(iPhone・iPad)のCSSハック15個 スマートフォンサイトでやっておくべき設定

Macを含むSafari向けと、iOS(iPhone・iPad)特有のCSSハック 15個。iPhone縦横でフォントが変わるのを阻止。Safari CSSハックで::i-block-chrome,は現在無効なので注意!

iOS(iPhone・iPad)のCSSハック

記事を読む ≫

 

AdSense横2つダブルレクタングル WordPressスマホ振り分け 記事内でもショートコードで挿入

WordPress子テーマのfunctions.phpにis_mobile関数でスマホ振り分け。スマホはレクタングル中300x250のみ。パソコンのレスポンシブ広告コードではautoをrectangleに変更して横長を阻止、max-width:336pxでAdSenseポリシー違反を回避。振り分け用phpファイルをショートコードで読み込めば、記事内で広告のスマホ振り分けができる。

AdSense レクタングル大336x280 2つ横並びとスマホ振り分け

記事を読む ≫

 
 
 
 
 
スポンサーリンク