SEO塾.comはモバイル フレンドリーでHTML5とアウトラインのSEO

SEO塾.comでモダンSEO

Googleのモバイル フレンドリーは当然
集客はHTML5とアウトラインのコーディング
売上はフラットデザインとライティング

モダン
SEO


SEO塾の覇道SEOは3メソッド・3ステージ・SEOスコア

オリジナルSEOとして、3つの方法、Google対策の3つの段階、順位の決定力であるSEOスコアを解析します。

覇道SEOの理論とは

単純にキーワードを書いたりリンクを張ったりする稚拙なSEOを卒業し、より客観的で確率の高い順位アップを目指します。

SEO塾のモダンSEO

”モダンSEO”はもちろんモバイルフレンドリー。決定力はフラットデザイン・HTML5・アウトライン!

SEO塾のモダンSEOはレスポンシブWebデザイン対応

HTML5とコンテンツ

HTML5なら、アウトライン(階層構造)が重要になり、HTML4・XHTMLでは見出しタグによって決まっていた階層が、セクション要素によって決まるようになります。

リンクはタップターゲット

旧ブロック要素(hn、p、divなど)は、単独でも複数でも、アンカータグでマークアップすることが可能になりました。

モダンWebでは、スクロールはスワイプ。そしてリンクはタップターゲットになります。

モダンWebでセクション要素のSEO

モダンとは、スマートフォン向けアプリなどで採用されているフラットデザインを意識しています。

フラットデザインは、省テキスト。さらに、省コンテンツになります。

SEO塾による持続可能なSEOとは

3メソッドのSEOパターンに含まれるもので、他のサイトや本などの用語をベースに、現在も通用しそうなSEOを再確認します。

レガシーSEOとは

もう取りあげられることが少ない、見向きもされないことが多い、昔むかしのSEOをリストアップしています。

東京オリンピック・パラリンピックがらみでは、後世にも残す「遺産」というポジティブな意味に変わってきましたね。

ペナルティとアルゴリズムや手動の対策

Googleのアルゴリズムによる自動ペナルティ、手動の対策、それらの原因となるガイドライン違反のSEOスパムの解説。

SEO塾のオリジナル理論

SEOスパム

Googleが許認可するSEOはホワイトハットと呼ばれ、ペナルティを与えるSEOはブラックハットと言われています。
手動の対策の「悪質なスパム」、あるいはペンギン・アルゴリズムのターゲットに該当します。


「モダンSEO」とは

SEO塾では、モダンSEO、持続可能SEO、レガシーSEOと区別しています。

モダンは、新しいもの、HTML5と今風のフラットデザインに対応したものです。
持続可能(サスティナブル)は、従来の一般によく知られているSEOの中で、今もこれからも通用すると予測されるものです。
レガシーとは、歴史と伝統のある枯れたSEO情報ですが、それゆえに効果も不明、あるいは無視してかまわないものもあります。

HTML5のアウトライン・アルゴリズムは、次世代のセマンティックなどの予習にもつながり、セクション要素のSEOは漠然としたコンテンツSEOより明確ですから、「モダンSEO」は画期的と言えます。

「覇道」とは

Google情報に耽った机上の言説に惑わされることなく、マンガ・アニメの『キングダム』ではありませんが、先秦時代の中国の「孫子」や、ナポレオン戦争に触発されたクラウゼヴィッツの「戦争論」などをベースに、競合とSEOスコアで検索結果画面という現場で闘うような、実践的に通用する知識や技術という意味です。

ちなみに、孫子とクラウゼヴィッツは、アメリカの陸軍戦略大学のテキストにも使われています。

「モジュール」とは

集客のためのSEOは、コーディングの範囲です。
売上のためのWebページでは、コンバージョンを高めるライティングやデザインが要求されます。

SEOのコーディングをモジュールというパーツに押し込める(笑)ことによって、その箇所以外ではまったくSEOに煩わされずに、ランディングページやゴールページのライティングに専念できます。

「SEOスコア」とは

昔のPageRankと同じもので、今はイギリスのSEO会社、Majestic SEOのデータを流用しています。