SEOマニュアル SSL&モバイル:小画面 少コンテンツ 省テキスト 多画像のスマホWeb攻略

小画面、少コンテンツ、省テキスト、多画像、パララックスを含むアニメーションなどが定番化しているスマホWebでは、SEOもコンバージョンも制約がある チップスコレクターのつまみ食い、モグラ叩きSEOから卒業するマニュアル
SEOマニュアル SSL&モバイル ~ 小画面 少コンテンツ 省テキスト 多画像のスマホWeb攻略

今現在は、スマートフォンのユーザーが増加し、それを意識したGoogleもコアアップデートなどアルゴリズムを異常なほどに変更し続けている
モバイル対応のWeb作成(レスポンシブWebデザインを含む)も面倒で、Googleを相手にしたSEOもかなり難しくなっている

このマニュアルの5つの方針

キーワード、内部リンク、ページ数を多く

Googleはかなり内部対策を重視、(1)キーワード数 (2)内部リンク数 (3)ページ数が多いほうが有利

Google向け内部対策はキーワード、内部リンク、ページ数を多く

トップページやカテゴリートップの検索不振対策

カテゴリーに所属する個別ページは、URLとして親子関係を持たないように。個別ページは、ドメイン直下に置かないように

カテゴリー解体、所属個別ページとURL親子関係を切る

モバイルファーストの真相

スマホ用Googlebotがやって来る。スマホ版のソースがSEOのベースとなる。SEOもモバイルファースト

モバイルファーストだからスマホWebソースでSEOを

Webページをパーツに分解してコーディングはモジュールで

内部対策では、キーワードモジュール、内部リンクモジュールを組み込む。Googleが好むカード型モジュールをflexboxで

SEOもコンバージョンもモジュールで

ユーザー利便性とSEOの二刀流

ユーザー利便性に裏付けられたSEOは、スパム疑惑を受けにくい

ユーザー利便性に裏付けられたSEOで二刀流

なぜスマートフォン対応の
マニュアルが必要なのか?

スマホWebでは、テキスト少なめ、画像多め、情報量が限定的な画面

キーワード、内部リンク、ページ数を多く

Googleはかなり内部対策を重視、(1)ページに書かれたキーワード数が多いほうが有利 (2)内部リンクのアンカーテキストは多いほうが有利 (3)サイトのページ数が多いほうが有利

スマートフォン対応のWebページでは、どれほどのコンテンツボリュームが許容されるのか、スマホユーザーに嫌われないようにパソコンWebよりも少コンテンツにすると、どこでSEOのコーディングをするのか、どのようにキーワードを書いたり、内部リンクを張ったりするのか、今現在はスマートフォンのデバイスやユーザーに対応したWebの過渡期である

Google向け内部対策はキーワード、内部リンク、ページ数を多く

トップページやカテゴリートップの検索不振対策

検索上位ページの研究から、URLやサイト構造を見直して、新しいカテゴリートップ/タグトップへ。カテゴリーに所属する個別ページのURLは、カテゴリーと親子関係を持たないようにする。個別ページは、ドメイン直下に置かないようにする

ディレクトリーを越境して個別ページを集めたカテゴリートップのほうが、今のGoogleでは検索上位になりやすい

URLやサイト構造を見直して、新しいカテゴリートップ/タグトップへ

モバイルファーストの真相

スマホ用Googlebotがやって来る。パソコン版とスマホ版で多少ソースが変わる場合は、スマホ版のソースがSEOのベースとなる。SEOもモバイルファースト

レスポンシブのサイドバーはとんでもないところに表示される

スマートフォンデバイスからのアクセスやコンバージョンなどを期待するのであれば、サイドバーはなくして、1コラムにするほうが、Web作成や管理が進めやすいはず

1段組、1コラムをモバイルファーストのスマホWebでは推奨する

モバイルファーストだからスマホWebソースでSEOを

Webページをパーツに分解して
コーディングはモジュールで

内部対策では、キーワードモジュール、内部リンクモジュールを組み込む。もちろん、外部リンクもモジュール化。Googleが好むカード型モジュールをflexboxで

モジュールというからには、なにかのかたちになっていて、着脱・抜き差し・出し入れが簡単なもの、Webページの任意の場所に挿入したり、Webのテンプレートを構成する部品となったり、そういった便利なツールとなる

スマホWebでは、画像とテキスト(見出しと段落)のセットで決め打ちしたほうがいい カード型である

AdSenseでは、ネイティブ広告が主流となっている。そのネイティブ広告もカード型

スマホ番Google検索もカード型

SEOもコンバージョンもモジュールで

ユーザー利便性とSEOの二刀流

ユーザー利便性に裏付けられたSEOは、スパム疑惑を受けにくい。また、そのSEOは、ユーザーの役に立つのか? かならず考える

スマホWebでの二刀流の結論は、タイトル、説明文、サムネイルの3点セット

ユーザー利便性に裏付けられたSEOで二刀流

SEOマニュアル SSL&モバイルの目次(内容) / スマホWeb完成予想図

目次は抜粋、省略しております
このマニュアルによるスマホWebの完成予想図も

マニュアル本編:SSL スマホWeb キーワード 内部リンク 外部リンク(150ページ)

  • このマニュアルの方針と結論
    • 1. 第1方針:キーワード、内部リンク、ページ数を多く
    • 2. 第2方針:トップページやカテゴリートップの検索上位(案)
    • 3. 第3方針:モバイルファーストの真相
    • 4. 第4方針:Webページをパーツに分解 SEOはモジュールで
    • 5. 第5方針:ユーザー利便性とSEOの二刀流
  • SSLとスマートフォン対応Web
    • SSLとサーバー
      • Let’s Encrypt / HTTP/2 / Nginx(エンジンエックス)
    • スマートフォン対応Web
      • レスポンシブWebデザイン
      • 正真正銘の「モバイルファースト」
      • PWA(Progressive Web Apps)
        • PWAの弱点
    • スマホWebのUI/UXとSEOの統合
      • パララックス / アニメーション / スライドショー / アニメーション画像 / リンクの波紋 / モーダルウインドウ
      • SNS主導の画像サイズ~1.91 : 1または1:1
  • SEOの基礎~キーワード・内部リンク・外部リンク
  • トップページやカテゴリートップの検索上位(案)
    • トップページの検索上位とキーワード記述
      • トップページで複数のキーワード
    • カテゴリートップの検索上位とキーワード・サイト構造
      • WordPressではカテゴリートップ不振でタグトップ好調
      • ドメイン直下型の個別ページ
    • カテゴリートップの検索上位(案)
  • スマホWebのヘッダー箇所拡張とフッターナビゲーションバー
    • スマホWebのヘッダー箇所
    • メニュー箇所は内部リンクモジュール
    • スマホWebで画面下部のフッターナビゲーションバー
  • キーワードとスマホWeb
    • ヘッダー箇所のキーワードモジュール
    • コンテンツ箇所のキーワードモジュール
    • トップページのキーワード記述とモジュール
    • カテゴリートップ/タグトップのキーワード記述とモジュール
    • 個別ページのキーワード記述とモジュール
    • コンテンツ箇所 カテゴリートップ/タグトップのコーディング
    • フッター箇所のキーワードモジュール
  • 内部リンクとスマホWeb
    • 一番目のアンカーテキストの問題
    • コンテンツ箇所のカテゴリートップ/タグトップなどへの内部リンクを活かすには
    • スマホWebでの内部リンク設定
      • ヘッダー箇所
      • メニュー箇所
      • コンテンツ箇所
      • フッター箇所
      • フッターナビゲーションバー
  • 内部リンクモジュール
    • ヘッダー箇所の内部リンクモジュール
    • コンテンツ箇所の内部リンクモジュール
      • カテゴリートップ/タグトップと内部リンクモジュール
    • フッター箇所の内部リンクモジュールとフッターナビ
  • 外部リンクとスマホWeb
    • 外部リンクのフォーマットとモジュール
    • サブサイト運営
    • サテライト運営
    • 中古ドメインのメリット
  • その他~スマホWebでもパソコンWebでも
    • htaccess / 正規表現を使ったリダイレクト / 日本語URLのリダイレクト
  • SNSのOGP設定
マニュアルによるスマホWebの完成予想図:全体 上
マニュアルによるスマホWebの完成予想図:全体 下

マニュアル付録:本編に入れないチップスなど(50ページ)

  • スマホWebのチップス
  • ブラウザーで確認
    • Chrome
    • Firefox
    • レスポンシブデザインモードでスマホ表示確認
    • コンソールでSSL確認
    • 右クリックから「要素を調査」
  • flexbox
  • Webフォント
    • Font Awesome
  • Google AdSenseのネイティブ広告
    • カード型はGoogle AdSenseネイティブ広告のベース
  • Googleのアルゴリズム更新と順位変動
    • キーワード記述で検索上位
    • あるサイトの事例
マニュアルによるスマホWebの完成予想図:コンテンツ箇所 画像下に説明

マニュアルサンプル集:flexbox / UI/UX / フッターナビゲーション(WordPressカスタマイズ マニュアル共通)

  • flexbox
    • 行列順逆
    • レスポンシブで横並び個数を変更
    • 関連ページ作成
  • UI/UX
    • パララックス
    • アニメーション
    • スライドショー CSS
    • アニメーション画像 APNG / WebP
    • リンクの波紋
  • ナビゲーション
    • フッターナビゲーションバー(モーダルウインドウ)
マニュアルによるスマホWebの完成予想図:コンテンツ箇所 画像内に説明

SEOマニュアル SSL&モバイルのお申し込み

SEO塾/アルゴリズム社の直販をご希望

下記のお申し込みフォームをご利用ください。
お支払い方法:銀行振込またはPayPal

銀行振込 のお申し込み手順

(1) 下記フォームメールによる購入申し込み
(2) アルゴリズム社からの、振込先のご案内のメール
(3) 案内メール受信後、ご入金
(4) 振込完了(守秘義務承諾、ダウンロード要領請求)のメール送信
(5) アルゴリズム社から、ダウンロードURLとID・パスワードのお知らせ

PayPal のお申し込み手順

(1) 申し込み下記フォームメールで、「PayPal」にチェックして購入申し込み
(2) PayPalでの支払いへPayPalからお申し込みのメールアドレス宛に、請求書を送ります
(3) PayPalで決済(2)請求書にしたがって、ご入金
(4) PayPalにて支払い完了PayPalお支払いと同時に、守秘義務承諾、ダウンロード要領請求となります
(5)ダウンロード要領アルゴリズム社から、ダウンロードURLとID・パスワードのお知らせ

疑問な点がありましたら、お問い合わせからどうぞ。

お申し込みフォーム

お申し込み15,000円:SEOマニュアル SSL&モバイル
はじめての方もリピーターもプライスは同じです
同時お申し込み15,000円:WordPressカスタマイズ マニュアル
同時にお申し込みの場合はチェックしてください
お支払い(必須項目) / 
お名前(必須項目)
フリガナ(必須項目)
メールアドレス(必須項目)
弊社ではメールアドレスをお申し込み者の識別子としております。
原則として、お申し込み後に変更なさらないようにお願いします。
また、お申し込みのメールアドレスを見て、これからのご優待などを判断しますので、決して使い捨てメアドはご利用なさらないようにお願いします。
会社名(事業者名)
都道府県名(必須項目)
サイト名
サイトURL
メッセージ(必須項目)
ご確認必須項目に記入漏れがないことを確認して、下の「決定」ボタンを押してください。