WordPress 外部PHPファイル読み込み include非推奨 get_template_partに変更

wp_titleはwp_get_document_titleに、includeは get_template_partに
WordPressもバージョンが上がって、wp_titleはwp_get_document_titleに、includeは get_template_partに

WordPressも進化か変化か仕様が変わる

WordPressも最近ではGutenbergの衝撃も大きいが、じわじわと、たとえば関数も新しものが増えたり、古いものが非推奨になったり、リアルタイムでの対応も大変だ

WordPressマニュアルを作成中

商材として販売して儲けようということよりも、社内的にWordPressサイトをメインにかなりの数を運営しているので、
まずは、社内用に作業の内容をシェアしておきたいことが発端だ

滑稽なことに、マニュアル完成までに時間が、数カ月とかかり過ぎているのだが、それというのも、従来のやり方がおかしいという点がいくつも見つかって、サイト修正とマニュアル作成が同時進行で、てんてこ舞いである

wp_titleは非推奨 wp_get_document_titleへ

WordPress 4.4から、「wp_title」関数が非推奨になっている
代わりは「wp_get_document_title」関数になっているが、これを使うにはfunctions.php に「add_theme_support( ‘title-tag’ );」を書き加える必要がある

そして、head要素の中の「wp_title」を含む「<title>~</title>」をテーマファイルから削除しなければならない
そうしなければ、重複してtitleが書き出されてしまう

ちなみに、デフォルト?のTwenty~テーマでは、titleタグは消えている

「wp_title」のままで、不具合があるとか、脆弱性があるとか、そのような心配は無いようだし、WordPressをバージョンアップしても使えなくなっているわけでもない

なお、「wp_get_document_title」はまた、別の厄介な問題もある

今は、弊社としては、第三の「自作関数」に落ち着きはじめている

外部PHPファイル読み込みでincludeは非推奨

かつて、includeで外部ファイルを読み込むショートコードの作り方にたどり着いて、非常に喜んでいたのだが、このincludeも非推奨になっている

includeではなく、get_template_partを使い、外部PHPファイルごとにショートコードを作成する

/* ショートコードを使ってhogehoge.phpファイルを読み込む */
function show_hogehoge_text() {
 ob_start();  get_template_part('myphpfiles/hogehoge');  return ob_get_clean(); } add_shortcode('hogehoge', 'show_hogehoge_text');

テーマファイルでは、「<?php get_template_part( ‘myphpfiles/hogehoge’ ); ?>」を使い、
ショートコードは、[hogehoge]と記載して、個別投稿や固定ページ、ウィジェットの中で使う

とにかく、読み込みたい外部PHPファイルがあって、ショートコードは随時、functions.phpに記述していくことになる

こういったことが分かると同時に、既存の非推奨の処理を変更していくから、なかなか先に進めないことになる

ボックスの高さをそろえるならflexbox

上記ページで、ボックスの高さを揃えるにあたって、JavaScriptを利用していたが、ただでさえ重いサイトなので、少しでも負担を軽くしたい

今では、このJavaScriptの読み込みを止めて、flexboxに変えている

flexboxでは、入れ子にすることもできて、しかけをすれば横並び、パソコンで横に4個、スマホで横に2個など、自由自在である

詳しくは、SEOマニュアル、WordPressマニュアルに期待していただきたいが、とくにflexboxは見た目も、SEO用のコーディングもできて、最高である