ピタゴラス勝率(野球の統計学)を粉砕する阪神タイガースの躍進

阪神タイガースが、なぜか勝っている。8月8日現在では首位。
防御率リーグ5位、チーム打率リーグ5位、盗塁も本塁打もリーグ最下位。
失点がリーグ5位、得点がリーグ最下位。
いいとこなしの阪神タイガース(笑)

ピタゴラス勝率とPythagenpat勝率

セイバーメトリクスの産みの親、ビル・ジェームズ。

ビル・ジェームズが発明?したピタゴラス勝率とは、得点と失点から、チームの勝率を予測する計算式である。

ピタゴラス勝率 = 得点の2乗 ÷ (得点の2乗 + 失点の2乗)

この改良版、より現実の結果を反映したものが、Pythagenpat勝率。

Pythagenpat勝率 = 得点のn乗 ÷ (得点のn乗 + 失点のn乗)

n:Pythagenpat指数

Pythagenpat指数 = ((得点 + 失点) ÷ 試合数)の0.2856乗

セ・リーグのPythagenpat勝率(2015年8月8日現在)

Pytha勝率:Pythagenpat勝率
ピタ勝率:ピタゴラス勝率
(パ・リーグの表も同様)

2015年8月8日までのプロ野球 セ・リーグ
  試合数 得点 失点 勝率 Pytha勝率 ピタ勝率
阪神 100 333 407 51.50% 39.75% 40.10%
巨人 103 337 325 51.00% 51.88% 51.81%
ヤクルト 101 401 380 50.00% 52.78% 52.69%
広島 97 372 339 47.90% 54.80% 54.63%
DeNA 102 373 420 47.50% 43.88% 44.09%
中日 101 344 361 43.40% 47.50% 47.59%
604 2160 2232      

※セ・リーグ:Pythagenpat指数=2.072

Pythagenpat勝率による順位は、広島→ヤクルト→巨人

8月8日までのPythagenpat勝率によると、順位は

広島 → ヤクルト → 巨人 → 中日 → DeNA → 阪神

つまり、阪神はダントツ!の最下位になる…

阪神は勝つときは僅差、負けるときは大敗!?

阪神タイガースの、現在の順位と、統計やぶりの例外を解釈すれば、接戦で勝ち、大量失点で負けるということだ。
現に、8月8日までの結果もそうなっている。

407 - 333 = 74
74 ÷ 100 = 0.74

阪神は、はじまる前から1点弱のハンディを背負っていることになる(笑)

結局、少ない得点で逃げ切るか、同点もしくは1・2点ビハインドながら継投で勝つか、先発か中継ぎが試合を壊してぼろ負けするか、勝つときはしぶとく、負けるときはあっさり(ガッカリ)という、この球団の体質がよく現れている感じだ。

非常に目立って活躍している投手・野手もいないし、逆に監督の采配がすばらしいとも言いがたい。

ただ、これも統計的に評価すれば、就任の年は5位でも、次は2位・2位で、去年は日本シリーズに出て、今年も優勝争いをしている。
暗黒時代に比較すると、阪神にしては「名将」と見なせるだろう。

防御率が悪く、打率が悪く、盗塁も少なく、本塁打も少ない。
チームとしての良さが、ほとんど見当たらない。
甲子園という過ぎたるホーム球場と、熱狂的なファンが際立つばかりだ。

ひょっとしたら、画期的な新しい野球をやっているのかもしれない(笑)

広島は阪神と真逆

広島は、先発が試合をつくることが多いが(クオリティ・スタート)、貧打と拙攻によって接戦で負けることも多い。
(貧打と拙攻はセ・リーグに共通している)

まあ、選手がここ一番で活躍しないし、監督の采配も悪いのかもしれないが、球団の体質というか、勝ち負け以外のところでマネーボールをやっているような…

パ・リーグのPythagenpat勝率(2015年8月8日現在)

2015年8月8日までのプロ野球 パ・リーグ
  試合数 得点 失点 勝率 Pytha勝率 ピタ勝率
ソフトバンク 95 437 311 67.40% 66.93% 66.38%
日本ハム 98 425 406 55.70% 52.37% 52.29%
ロッテ 95 394 393 51.10% 50.13% 50.13%
西武 101 413 408 47.90% 50.63% 50.61%
楽天 97 322 392 44.70% 39.95% 40.29%
オリックス 98 363 372 42.70% 48.73% 48.78%
584 2354 2282      

※パ・リーグ:Pythagenpat指数=2.262

パ・リーグはほぼセイバーメトリクスどおり

ソフトバンクは、実際の勝率とPythagenpat勝率とピタゴラス勝率と、ほぼ同じである。

もっと言えば、CS争いをしてもおかしくないオリックスを除いて、他球団は順当。
西武は、連敗しているだけでなく、その負け方も接戦を落としている。広島と同じ。

優勝の予測は

セ・リーグは、やはり巨人を中心に、対抗がヤクルトか。
広島は、接戦を落とすチーム体質になっている気配なので、厳しそう。
阪神は、このまま野球科学の真理・常識をくつがえしてくれるか、ファンとしては大いに期待したい。

パ・リーグは、ソフトバンクの優勝でほぼ決まりの様相。
CSの残り2チームがどこになるか、西武も今は運が悪いだけのような気もする。
案外、日本ハムが4位に落ちる可能性もありそう。
ロッテは、何かしら底力がある。

Pythagenpat勝率からは、阪神は優勝する可能性がほとんどない…
ただし、残り試合数が40ちょっと。
データにもとづく確率や予測を粉砕する「不確実性」もある!

«
»