• SEOブログ

    スマホサイトWeb WordPressなどのSEO
    小画面 少コンテンツ 省テキスト 多画像対応の
    コーディング実験検証

  • SEOブログ

孫子とロジスティクス 遠隔地戦や長期戦を忌避 最上策は戦わずして勝つこと

孫子とロジスティクス 遠隔地戦や長期戦を忌避 最上策は戦わずして勝つこと
食糧や武器の補給も作戦の一部分、遠隔地戦や長期戦は相当な準備を必要として戦費も莫大。攻城戦は最後の策

目次

孫子とロジスティクス

ロジスティクスとは、ビジネス的にはサプライチェーンの一部、物流の生産から消費までの全過程のコントロール

なお、ロジスティクスは軍事用語で、兵站(military logistics)、戦場の軍隊の後方支援、補給、輸送、整備などのこと

食糧などの輸送、遠隔地への派兵や長期戦の忌避

食糧の輸送は戦争の重要ポイント、遠隔地戦や長期戦はロジスティクス面でも勝ちにくく、勝っても利益が少ないことが多い

食料 兵糧 など

兵は人間なので、武器だけでなく食糧は重要

食糧調達も、将軍の裁量となる

用は国で取り、糧は敵に因る

武器などは自国で準備するが、食糧は敵国で調達する

智将は務めて敵に食す

敵国で食糧を調達する

軍無輜重則亡、無糧食則亡、無委積則亡

輜重(兵器や鎧兜など)、食糧、そしてそれらの委積(たくわえ)がなければ、敗北する

饒野を掠むれば三軍の食足る

豊饒な土地を奪取すれば、大軍の食糧事情は心配ない

遠隔地戦と長期戦と戦闘の最小化

遠くでの戦争や長引く戦争は、とくにロジスティクス的に負担が大きい

利益を最大化するには、ただ勝つだけでなく、戦闘規模を小さくし、また早く終わらせる
あるいは敵軍をダメージを与えず取得する

千里に糧をおくれば、則ち内外の費、… 日に千金を費やして、然る後に十万の師挙がる

遠くの戦地に兵糧を送ることになれば、自国内と敵地で莫大な軍費が発生する。これが調達できてそれなりの派兵が可能となる

兵は拙速を聞くも、未だ巧の久しきを睹(み)ざるなり

戦争は、不十分な勝利でも短いほうがいい
完勝でも長期戦なら評価が高いことはない

用兵の法は、国を全うすることを上となし国を破るはこれに次ぐ

当時の中国事情により、常に戦争状態

孫子は、兵法書ではあるものの、戦争指南書ではなく、戦争なしで目標達成することを理想としている

理想は、戦わずして勝つこと

戦争をせずに敵国を手中にすることが最上の策である

軍を全うするを上となし軍を破るはこれに次ぐ。旅を全うするを上となし旅を破るはこれに次ぐ。卒を全うするを上となし卒を破るはこれに次ぐ。伍を全うするを上となし伍を破るはこれに次ぐ

下から、「伍」は五人、「卒」は百人、「旅」は五百人
「軍」は一万二千五百人

ちなみに、五伍は一両で二十五人、一卒は四両、一旅は五卒で五百人、一師は五旅で二千五百人
軍事組織で、旅団やら師団やら聞くことがある

言葉遊びのようだが、できるだけ敵軍の大部分をそのまま征服して、自軍に加えることが理想

百戦百勝は、善の善なる者にあらず。戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり

戦争が起こる起こすたびに、全部を勝利する人は、最善とは言えない
戦わずして勝つ人こそ、最善である

上兵は謀を伐つ
その次は交わりを伐つ
その次は兵を伐つ

戦争の最上策は、敵の計画をつぶすこと
次は敵の同盟関係を壊すこと
その次は敵軍を倒すこと

その下は城を攻める、城を攻める法は已むを得ざる為なり

最下策は敵の城を攻めること
城攻めはほかに方法がない場合のみ

城攻めには専用の武器の準備に三ヶ月かかり、さらに土塁にも三ヶ月かかる
将軍が準備完了を我慢できずに攻城に踏み切ったら、三分の一の兵を殺すことになる

準備に時間も費用もかかり、準備不足でも開戦する将軍もあり、これらによって攻城戦は弊害である

孫子は戦争マニュアル…

「孫子」はいわば戦争マニュアルであるが、マニュアルどおりではうまくいかないこともある

兵とは詭道なり

戦争は、敵を欺くことである

無常勝
其戦勝不復

常勝は不可能
いつも必ず勝てるとは思わないこと

戦争に勝利しても同じ戦いを繰り返さない
過去の戦い方や勝ち方を繰り返しても、相手が同じ戦い方そして「負け方」を再現するとは限らない

疾きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如く、知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆(らいてい)の如し

ご存じ武田信玄の旗印「風林火山」

TPOに応じて、軍をいろいろ変化させること

はじめは処女の如く、あとは脱兎の如し

脱兎といっても、逃げることではない

こちらの軍をはじめて見たとき、おどおどおとなしく力が無いように思わせ、いざ戦いをはじめると素早く勇猛果敢に襲いかかるということ

«
»