SEO対策セミナー ファイナル 事前配付資料のお知らせ

モバイルファーストのほんとうの意味は? レスポンシブでもダメかも。スマホ対応Webで集客と売上を

SEO対策セミナー ファイナル 東京新宿 6月15日

先ほど、セミナー受講者には、プレゼン抜粋や付録などの事前配付資料のお知らせをメールで送信。

届いてない方は、すぐに連絡いただきたい。
(というか、迷惑メールをまずご確認)

スポンサーリンク

真の「モバイルファースト」

今は、Google主導、というよりGoogle支配で、Webの作成や運営方法が決められている。

まもなく、モバイルファーストインデックス、スマホ対応Webが優先的にインデックスされ、さらには順位づけアルゴリズムもスマホ対応Webが優遇される。
ような感じである。

そうなってくると、PCファーストでWebをつくってレスポンシブにするのではなく、

真っ先に、スマホ縦(たとえば横幅480px)画面から

真っ先に、スマホ縦(たとえば横幅480px)画面からつくっていくべきではないだろうか?

ちなみに、Webのつくり方というか、デザインは↓ここなどで勉強。

モバイルファーストSEO

この、横幅480pxのWebをつくって、これに対応できるSEOを開発して検索経由の集客にそなえる、この画面でコンバージョンを維持向上させて売上につなげる、そのようなことを今後は要求されるだろう。

サイドバーなどつくっている場合ではない(笑)

デスクトップラスト、という掛け声が必要だ。

リンク元もモバイルファースト

また、懸念材料としては、モバイルファーストインデックスはメインサイトだけではなく、リンク元でもスマホ対応しておくべきで、PCオンリーのリンク元はSEO効果を失う可能性が、なきにもしもあらず。

また、リンク元では、いつかはSSL/https:オンリーになることも予想できる。
(何年後になるか、分からないが…)

モバイルファーストでも内部対策

いちいち、HTMLソースをみて、内部リンクやら、1番目のアンカーテキストやら、チェックするのは面倒臭い。

そこで、ExcelのVBAをしどろもどろで作成。

seminar付録:内部リンクチェッカー:サンプル

このマクロをアドイン化して、今回のセミナー受講者には、先ほどお知らせしてダウンロードしていただく。

あくまでも付録、オマケということで、これがセミナーの目玉ではない…

SEO対策セミナー ファイナル 東京新宿 6月15日

今回のセミナーの内容は、↓をご覧いただきたい。

もう、スライドも完成している。

セミナーのスライドもすでに完成

それでは、6月15日、お目にかかることを楽しみにしております。
ご期待ください。

スポンサーリンク