内部対策の高スコアページで順位が上昇トレンド

内部の高スコアページが大貢献して順位アップ
トータルのスコア、外部リンクのスコア、ほぼすべてで下回っていても、内部の高スコアページが大貢献して順位アップ

サイト内部の高スコアページが多くて順位が上昇トレンド

今回の事例は、1位(青)、3位(赤)、5位(黄)、9位(緑)で、上位の青と赤は下位の黄よりも、

  • 優先順位一番目の、全体のスコア総計で、下回っている
  • 優先順位二番目の、全体の中高スコア計で、下回っている
  • とくに、内部対策の高スコア計が、全体の高スコア計を押し上げている

後述のランクグラフで、本来はトップでもおかしくない黄なのに、5位に甘んじていて、そもそもGRCの上位100追跡では1月下旬に3位(赤)に逆転されてもいる。
何年も前なら、5位(黄)は鉄板1位でもあった。

ただ、黄をおとしめることではなく、青と赤を持ち上げることが目的なので、
結論としては、内部でも外部でも、高スコアページによる順位アップや順位維持のパワーと、それが無いための不安定化などをアピールしておきたい。

もう1つ重要なことは、この事例だけでなく、最近のGoogleアルゴリズムの微調整の可能性である。

ランクグラフの詳細

いつものようにランクグラフの意義や目的を簡単に。
順位に反映するデータには、次のものがある。

  • 内部対策・外部対策のスコア総計(この数値の高低が、順位の上下にもっとも反映する)
  • 中高スコア計:中くらいと高いスコアの計(スコア総計の次に参照するべき数値)
  • 高スコア計(スコア総計が低くても順位アップに貢献することがある)
  • 低スコア計(スコア総計が高くても順位ダウンに影響することがある)

順位に影響をおよぼすランクグラフのデータは、下表のとおりである。

ランクグラフ適正な施策高スコア低スコア
全体スコア総計・中高スコア計が競合以上で順位アップ全体のスコア総計・中高スコア計が不十分でも順位アップ全体のスコア総計・中高スコア計が十分でも順位ダウン
内部対策外部対策不備でも順位アップ全体のスコア総計・中高スコア計が不十分でも順位アップ全体のスコア総計・中高スコア計が十分でも順位ダウン
外部対策内部対策不備でも順位アップ全体のスコア総計・中高スコア計が不十分でも順位アップ全体のスコア総計・中高スコア計が十分でも順位ダウン

100を越えるデータ分析による統計的な暫定結論である。

GRCの上位100追跡

例によって、GRCの上位100追跡
有料メルマガで、ビッグキーワード棚卸しで取りあげてきたキーワードの1つ。

内部の高スコアページが大貢献して順位アップ GRC上位100追跡から

この数カ月でも変動しているが、Googleアルゴリズムの変化も感じる。

つまり、内部対策の高スコアページの存在は、1月23日前後を境に、大量の増減しないので、内部のSEOスコアはそのままで、これに対するGoogleの評価が変わったと推理する。

スコア総計のランクグラフ

順位は、青 → 赤 → 黄 → 緑 であるが、
内部と外部をあわせたトータルのランクグラフでは、黄が圧倒的である。

内部の高スコアページが大貢献して順位アップ スコア総計のランクグラフ

なお、データ取得の段階では9位だった緑は、GRCにもあるように、10位にダウンしている。

高スコアの箇所では、赤が健闘し、さらにもっと高スコアで青が高くなっている。

ランクグラフのデータ(数値)は

このランクグラフの元のデータ、数値は次のとおり

データチェック総数スコア総計中高スコア計高スコア計低スコア計
159731085237147371171
137417048125124536522
236343076406442432559
80496928989703417

低スコア計は、万が一の順位ダウン要因なので、ここでは無視して、現実の順位ではスコア総計や中高スコア計ではなく、高スコア計にそった順位づけになっている。

ともかく、まず青の高スコア計は強烈である。

外部対策(外部リンク)のランクグラフでは

外部対策のデータのランクグラフ

内部の高スコアページが大貢献して順位アップ 外部対策のランクグラフ

やはり、青の高スコア計の数値が圧倒的である。

外部対策チェック総数スコア総計中高スコア計高スコア計低スコア計
68615005115873418106
820710959811128404
1061231012118519160
27227812394387147

ただ、外部リンクでは、黄の高スコア計は赤の倍近い。
(外部リンク依存では難しいことも分かる)

内部対策のランクグラフでは

メインの内部対策のランクグラフ

内部の高スコアページが大貢献して順位アップ 内部対策のランクグラフ

今までも見てきたとおり、内部対策を数値化したデータでは、かなりばらつく。

内部対策チェック総数スコア総計中高スコア計高スコア計低スコア計
8891562711709391865
516955161433408118
13011994619430516559
52469116595316270

内部対策では、赤の高スコア計も非常にいい。

ということは、看板に偽りあり、タイトルで内部対策のほうを持ち上げているが、今回の分析の結論としては、内部や外部という限定的なものではなく、それをあわせた全体の高スコアページを獲得していることが、順位アップの最大の要因と言えるだろう。

内部対策と高スコア・低スコアのページのまとめ

さて、一般的な「内部対策」とやらは、次のように語られている。

  • すべてのページのキーワード記述の最適化(titleや見出しやページ内)
  • 内部リンクの徹底(ナビゲーションやパンくずリストなど)
  • クローラビリティ(サイトマップとsitemapl.xmlなども)や読み込み速度への配慮
  • 404などのエラー修正
  • URL正規化(canonical設定)
  • コンテンツの品質

このうち、キーワード記述などはお約束として、
内部リンク、クローラビリティ、404修正、URL正規化が、とてつもなく重要である。
またコンテンツの品質も、すべてのページが高品質(オリジナルでボリュームあり)がベストであるが、最低限は「低品質(オリジナルもボリュームも乏しい)」でないこと。

高スコアと低スコアのサンプル

では、あらためて別サンプルの内部対策で、高スコアと低スコアのランクグラフをチェックしよう。

内部対策の高スコアと低スコアのランクグラフ

青は、秀逸な高スコアサイトである。
赤と黄は、低スコアの見本になりそうなサイトである。

内部対策チェック総数スコア総計中高スコア計高スコア計低スコア計
150215016380911207117
7581115271012514021994
7512110413599750573
7391078387512032238
83362926061231647

緑と茶は、SEOの内部対策を力説しているサイトで、失礼ながら検証させていただいた。
これらのサイトは、内部対策を意識的に実践しているので、低スコアが少なくなり、中高スコアが多くなっていることが分かる。

またサイト設計によって、下手なら低スコアが多くなり、上手なら特定の値の中高スコアのページが量産される。これは、テンプレートなどのサイトワイドで内部リンクを張られるページ群(カテゴリートップなど)は、数多くかつスコアも高くなる。
テンプレートなどのナビゲーションで漏れるページの対処、内部リンクのフローをコントロールすることが、低スコア減少の方策だろう。

高スコアページをつくるには

ついでにサンプルのドメインを、Majestic SEOの一括被リンクチェッカーでデータ取りしてみた。

まず、Majestic SEOのサイト内ページのチェック総数と、Googleのsiteコマンドで取得した数に違いがあるが、
Googleが多い場合はデータのランダム抽出で実数より少なくなり、Majesticが多い場合はGoogleがインデックスしていないものが含まれている可能性がある。後者はMajesticではほとんどゼロなので無視できる。
(サイテーションフローのゼロを無視する理由は、長くなるので省く)

 siteリンク数ドメイン数IP分散クラスCCFTF
2,020595,97146,5807,6464,3557055
4,34023,6841,2011,0677604247
19,20017,2397476654673623
34589,3471,5171,2606464115
5044,9121901801552914

ドメイントップのCF(サイテーションフロー)やトラストフロー(TF)は、PageRankと同じで外部リンクの質と量に依存する。

青のサイテーションフローは効率がいいので、高スコアのリンク元を稼いでいることが想定できる。
赤も効率がいい。また、同じようなCT値の緑は、効率が悪いというよりも、同一ドメインからの大量リンクとなっている。
(同一ドメインからの大量リンクは、効率が悪いというか、サイテーションフローが希薄化される。つまり低くなる)

さて、ほとんどトップページが最高スコアになる。
サイト設計が重要なものの、サイト内ページのスコアは、突出した外部リンクを別途に調達しないかぎり、トップページのサイテーションフローに依存する、これが上限になる。

また、ドメインパワーという得体の知れないものが語られることもあるが、Googleの中の人が勝手に(恣意的に)ドメインの値打ちをつけるというよりも、このようにトップページが外部リンクを集め下層ページに高スコアを配分していくとと捉えるべきだろう。
つまり、やはり昔のPageRank、ここではサイテーションフローが高いものが、数値的にパワーを持つと理解したい。

ということは、内部対策もできることはすべてやるが、結局は外部リンクに依存するということでもある。
最低限は、トップページは自力でも他力でも、外部リンクを稼ぐ必要があるのである。

ただし念を押すが、それでも内部対策がポンコツであれば、高スコアページが誕生せずに順位アップにつながらないし、低スコアページが量産されると順位ダウンに結びつくことも、言うまでもない。

«
»