セミナーとマニュアルのお知らせ

有料メルマガの代替、別のかたちの情報発信です。

お待たせしました。
大阪と東京で、SEO塾のセミナーを開催します。

大阪会場は、受け付けを開始しております。

マニュアルは、1月いっぱいのキャンペーン実施中
今すぐお求めください!!

SEO覇道新書(有料メルマガ)第99号 2016年1月14日 発行

コンテンツSEO、GoogleのZMOTやマーケティング
ユーザーとカスタマーの格差

今号は

この4年間、まったく取りあげてこなかった、マーケティング、
しかも、あのGoogleのZMOT
そしてコンテンツマーケティングなどを、記事にしてみました。

2016年のインターネットビジネスの展望

売上と利益をあげるホームページというテーマからは、
ビジネスWebの本丸、
マーケティングは必須、不可欠です。

  • GoogleのZMOTとモバイルショッパー
  • コンテンツマーケティングの正しい理解
    • コンテンツの前にマーケティングを
  • ZMOTユーザーの行動
    • ZMOTとしてのランディングページやゴールページ
    • たとえばアフィリエイト
    • たとえばECサイト

コンテンツSEOや、コンバージョンのあがるライティングなど、
集めるのは「ユーザー」ですが、
ビジネスなら「カスタマー」となります。

SEOをつければユーザーを集め
マーケティングをつければカスタマーを集める

ビジネスWebでは

コンテンツは、不特定多数、一般向け、
「ユーザー」を対象にして、作成されるのではなく、

顧客、見込み客
「カスタマー」をターゲットとして

また、コンバージョンという概念も捨てて、
サイト内で、あるいはメルマガやSNSなどで、
時間も手間もかけて購入に結びつける、
そのようなことになります。

2016年のSEOの展望

2016年以降のSEOは
SEOチップスやゴシップのような枝葉末節を捨て
順位アップの根幹をざっくりと

  • ざっくりで持続可能SEO
  • モバイルのリスク
  • ヴェニス・アップデートの弊害
  • Googleのペナルティ
  • 外部リンク
  • コンテンツSEO
    • 誰に向けたコンテンツか?
  • SEOはざっくりで完成

統計的には、20分の1、つまり5%は許容できる誤差になります。
Googleのパンダやペンギンは、影響範囲が5%以内におさまると思えば、
もうそんなSEOゴシップは無視して、順位アップに励みましょう。

順位アップを語らないSEOは、SEOではありません。
ペナルティのネガティブ情報とは距離をおくときです。

有料メルマガ未配信の方へ

有料メルマガが配信されないという苦情のメールが、ときどき届いております。

下記ページをご覧になって、
http://www.algorism.co.jp/ifmag/inquiry.html

お問い合わせください。

独自配信

ところで、
アルゴリズム社から、同じ内容のテキストメールを、別途送信しております。

タイトル(メール件名)に
★★SEO覇道新書 と、
★2個つけております。

重複配信になりますが、ご容赦ください。

ご購読は

※有料メルマガ『SEO覇道新書』は、2016年1月に廃刊です。

まぐまぐでは無料メルマガを発行

2003年8月創刊、2005-08-08 まぐまぐの殿堂入り!
まぐまぐ殿堂入り

下記から登録を、どうぞ。

«
»