iPhoneで撮影・編集・投稿
YouTube動画編集 養成講座

今の時代のクールなコンテンツは動画。

スマホで動画を撮影、スマホのアプリで動画を編集。

ECサイトも、商品説明や、作業工程をWebで公開すれば、超強力な売上コンテンツになる。

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座 : SHIN-YU

iPhoneで、写真の撮影、SNSなどへのアップロードできることは周知のこと。
動画撮影が可能なことも。

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座 : SHIN-YU

ただ、動画も遊び感覚なら、撮ってすぐ公開してもいいだろうが、この本では、iMovieでかなり高度な編集ができることが解説されている。
つまり、ビジネス向きの動画も作成できるということだ。

動画撮影のテクニックや、YouTubeやSNSへのアップロードは、情報がたくさんある。
本もある。
ただ、スマホで完結する、撮影・編集・投稿、とくにクールな編集のやり方が詳しく丁寧に解説されているのは、この本だけである。

オールカラー、購入特典のムービー(完成版と、メイキング版)など、至れり尽くせりで大当たりの書籍である。

これで、動画コンテンツを、集客に、売上に活用できる。

iMovieはバージョンとデバイスに注意

iMovieは、iPhone用(iPad用も?)600円。
2013年9月1日以降に新規アクティベートされたiOS 7以降のデバイスなら、iMovieは無料となる。
今日(2016年8月30日)現在の最新バージョンは、2.2.3。

Mac用のiMovieもあるが、こちらは1,800円。
macOK 10.9(Mavericks)以降のプレインストールMacなら、無料。
今日(2016年8月30日)現在の最新バージョンは、10.1.2。

ところで、この本のiPhone用iMovieは、2.2または2.2.1と思われる。

Jobs亡きあとのAppleはグダグダ感があり、なんと、バージョンアップするごとに便利な機能が削除され、余計な機能が追加され、またバグさえ増えることが多い。多過ぎる!!

機能削除はどうしようもないが、別の方法で目当ての機能を呼び出すことなど、バージョンアップした場合は工夫と修行が必要だ。

その点、Microsoftのムービーメーカーは、開発中止なのか(笑)、バージョンは2012のままで、解説のページや本はそのまま使えそうだ…

iMovieは、各デバイスでiCloudのiCloud DriveでiMovieをオンにしておけば、それぞれiMovieライブラリを読み込んで編集が可能になる。
iPhoneでちまちまやりたくないときは、iPadやMacのより大きな画面で編集できる。

お試しムービー公開

とりあえず、iPhone 6Sで、WordPressに動画を投稿する様を撮影。
iPhone用iMovieで仮編集後、Macで再度読み込んで、サイズなどを圧縮してmp4に変換。

肝心な、投稿に貼り付けるコードがよく見えないが、

[video width="480" height="270" mp4="https://www.seojuku.com/images/wp-ad-movie.mp4"][/video]

このようなソースで([はもちろん半角英数)、Webで表示されるときはWordPressが変換してくれる。

さても、動画そのものはしょぼいが、iPhone用iMovieでも簡単にトランジション(アニメーション)を入れることができるので、嬉しい。

«
»