iPad Air2がiOS8で画面が自動回転しない

iOS8が公開されてしばらくたつが、じつはiOS7にダウングレードしていた。
画面が自動回転しない不具合があったからだ。
もともと、自社やクライアント様のWeb表示確認がメインの役割なので、縦横と自動回転に支障があっては困りはてる。

電源ボタン+ホームボタン長押しのいわゆるハードリセットでも、スリープ復帰後に必ず再現。
最終手段の工場出荷状態に戻しても改善されず。

iOSのダウングレード

そこで、何度か経験済みの、iOSのダウングレード。

「iOS 旧バージョン」などで検索、または下記ページなどを参照して、iOS7をゲット。

バックアップから復元する場合は、すでにiOS8にバージョンアップしたあとのバックアップは使えないので、MacのTime MachineでiOS7時代のバックアップをなんとか探り出して書き戻し。

ここまでiOS7で我慢してきた。

設定→一般→アクセシビリティ→視差効果を減らす オフ

無駄なあがきで、たびたび検索していたが、とうとう今日(2015年8月8日)次のページを見つけた。

設定→一般→アクセシビリティ→視差効果を減らす

早速、iOS8にアップグレードし、画面の自動回転の不具合が解消された。

ところで、この「視差効果」は、とくにアニメーションが激しくて目に悪そう。
だから、切っているのだが…

iOS9で改善されることを期待したい。

まあ、Appleはハードでもソフトでも、完全に信頼できないことがあり、かの人亡き後は、なおさらひどくなった気がする。
(Appleに限らずだが…)

その後スリープから復帰後 自動回転しないとき

どうやら、完全解消ではないようだ。
まだスリープから復帰後に、iPadの画面が自動回転しないことがある。

そのときは、またまた「設定→一般→アクセシビリティ→視差効果を減らす オフ」で、不具合が解消される。
難儀なことである。

iOS 8.4.1にアップデートしても自動回転不具合

2015年8月14日、iOS 8.4.1がリリースされたが、やはり「視差効果を減らす」をオンにすると、スリープ復帰後に自動回転しない不具合は直っていない。

iOS 9でようやく不具合解消

2015年9月17日未明(日本時間)にダウロードが可能となったiOS 9にて、「視差効果を減らす」をオンにしても自動回転しない不具合はなくなっている。
やれやれ

«
»