iMacが突然に電源が落ちる
キーボードが勝手に連打リピートされる

Jobsがいない時からAppleにお布施を続けて、
Quadra 650、iBook、iMac 21。
今年(2015年)の2月に、iMac 27を購入。

フリーズはMacの「お家芸」でなじみ深いが、電源断は初体験。
それが頻発してTimeMachine用外付けハードディスクも巻き添えになりそうで、心も折れそうになる。

YosemiteからEl Capitanにアップグレードしてから…

やはり、漢字Talk7時代から、OSのアップグレードはすぐにやるミーハー気質だったので、YosemiteからEl Capitanも公開と同時に、深夜3時ごろにもかかわらずアップグレードを強行した。

Yosemiteとは、OS X 10.10。El Capitanは、10.11。
コードネーム?で呼ばれる。

ともあれ、Jobs後のAppleのハードとソフトの信頼性の欠如に、大きく苦しめられるとは…

ある日ある時突然にiMacの電源が落ちる

El Capitanにアップグレードして10日から2週間程度経ったある日、突然、iMacが落ちるようになった。
毎日のように落ちた。

たとえば、TimeMachineでバックアップ中のこともあり、あるいはバックアップの電力供給などが原因かもしれないが、外付けハードディスクがクラッシュする可能性もあり、びびってしまう。

Macのリカバリーをすべて試す

検索してみると、対症療法がいくつか書かれていた。

電源が入らないのでSMCリセット

まず、電源ボタンを押してもiMacが起動しない。
そのときは、「SMCリセット」をおこなうとのこと。

機種によって、年代によって、SMCリセットのやり方はいろいろあるようだが、目の前のiMacの場合は

  1. コンピュータをシステム終了します。
  2. 電源コードを外します。
  3. 15 秒間待ちます。
  4. 電源コードを接続します。
  5. 5 秒間待ってから、電源ボタンを押してコンピュータを起動します。

そのとおりにやって、iMacが起動した。

NVRAM/PRAMリセットしても電源断

Macのリカバリーではある程度の順番があるようで、真っ先にやるべきなのは、「NVRAM/PRAMリセット」らしい。

これは、Quadra時代もやったことがあるような…

  1. Mac をシステム終了します。
  2. キーボードで「command (⌘)」「option」「P」「R」の各キーの場所を確認します。
  3. Mac の電源を入れます。
  4. 起動音が聞こえたらすぐに、「command + option + P + R」キーを同時に押し、そのまま押し続けます。
  5. コンピュータが再起動し、2 度目の起動音が聞こえるまで、キーを押したままにします。
  6. キーを放します。

だがしかし、これでも数時間後には、電源断が起こった。

ふたたびSMC (システム管理コントローラ) をリセットしても電源が落ちる

次は、「SMCリセット」。

つまり、(1)システム終了、(2)電源コードを外す、(3)15 秒間待つ、(4)電源コードを接続、(5)5 秒間待ってから、電源ボタンを押す。

これでも、症状はおさまらない。

ディスクの修復でも電源断

続いて、ディスクの修復。

ディスクユーティリティでディスクの修復

まずは、「ディスクユーティリティ」。

念のため、下記も実行。

リカバリーメニューからのディスクの修復

Macを再起動し、起動時に「command + R」キーを押したまま、ディスクユーティリティを選択し、ディスクを修復。

やはり、電源断は続くよ、どこまでも…

Apple Diagnosticsでハード診断のあとも電源が落ちる

Macには、特別なハード診断の機能がある。

iMacを起動してすぐに、「D」キーを押し、Apple Diagnostics が開始するまで押し続ける。

なお、ポインターが動かない時は、ショートカットを

  • 「option + D」:インターネット経由で Apple Diagnostics を起動する
  • 「command + G」:開始する
  • 「command + L」:言語選択を表示する
  • 「command + R」:このテストをもう一度実行する
  • 「S」:システム終了
  • 「R」:再起動

マウスやタッチパッドや、キーボードの矢印キーが役にたたなかったので、ショートカットに頼らざるをえなかった。

「No issues found」というメッセージ、診断コードは「ADP000」で、異常なし。

TimeMachineとバックアップ

ここまで、やり切ったので、次は自分なりに対処。

セーフモード

いつ電源が落ちるか分からない。
検索によると、電源断はセーフモードでは起こらないことが多いらしい。

そこで、セーフモード

  1. Mac を起動または再起動します。 
  2. 起動音が聞こえたらすぐに「shift」キーを押してそのままにします。
  3. 画面に Apple ロゴが表示されたら「shift」キーを放します。

セーフモードでは、画面がちらつくというか、描画が特殊な感じだ。

セーフモードでTimeMachineにバックアップ

電源断が続き、外付けハードディスクも接続せず、バックアップもできていなかったので、一目散に、ディスクを診断して異常なしを確認してから、TimeMachineでバックアップ。

TimeMachineからYosemite最後の段階にグレードダウン

El Capitanへのアップグレードが10月1日。
その直前はYosemiteで、そこまでさかのぼってバックアップを復元。

つまり、なにもなかったYosemiteに祈りを込めたわけだが、
撃沈…

電源断は改善されなかった。

El Capitan再アップグレード

ならばと、9月末のYosemiteの段階から、El Capitanへアップグレード。

期待はしていなかったが、やはり電源断は止まらなかった。

キーボードの勝手リピート

じつは、別のトラブルも並行して起こりはじめて、キーボードが勝手にリピートする。

キーボードの勝手リピート

また英数モードでは、ウムラウトやアクサンテギュがポップアップ

ウムラウトやアクサンテギュがポップアップ

さらには、システム環境設定→キーボードからのBluetoothが検出されない

キーボードからのBluetoothが検出されない

この、勝手リピートは、じつは再起動でなおる。
しかし、また再発もする。

万事休すである…

AppleCare申し込みとサポートとのTel

検索すると、修理依頼をしても1年以内なので無償対応のようだった。
とはいうものの、今のiMacは、そのあとに故障することもありそうなので、AppleCareに申し込んだ。
これで、購入から3年間と、電話サポートや修理が延長される。

10月28日 AppleのサポートからTel

Appleのサイトから電話をしてもらうように手続き。

上述の、iMac電源断と、キー勝手リピートを報告。

ハードディスク消去とOS X再インストール

問題の切り分けということで、起動ディスクを消去して、OS Xの再インストールを促された。

当然、YosemiteではなくEl Capitan

今のMacは不思議なことに、工場出荷状態へ戻すことができず、OS Xの再インストールの場合は、そのときの最新のバージョンがインストールされる。

つまり、買った時はYosemiteだったのに、OS Xの再インストールではEl Capitanになる。
なんとも難儀なことである。

iWorksやiMovieなどのプレインストールアプリがない

そこで、しかたなくEl CapitanでのOS Xの再インストールに踏み切ったが、電源断を検証するためになにかのソフトを使おう思ったところ、
なんと、iWorks(PagesやNumbersなど)が見当たらない。

デフォルトでプレインストールされているはずの、重宝するアプリがないのである。
(これは、みなさんも注意したほうがいい)

El Capitanのバージョンは「10.11.2」!

それは序の口、再インストールされたOS Xのバージョンは、なんと「10.11.2」ではないか!
これは、Public Beta Program登録者が対象のベータ版である。

まだ一般公開していない10.11.2

今のAppleはどうかしている…
サポートの人も、これはレアケースであきれていた(笑)

勝手リピートは何度も再発

そして、勝手リピートは何度も再発し、設定もほぼデフォルトだったので、スリープからの復帰でパスワード入力時に勝手リピートとなって、殺意さえ湧きそうになる。
電源ボタンを押して、強制終了するしかなかった。

10月30日にサポートに再度電話して、その最中に電源断

電源断はおさまったかに思えたが、キーリピートは頻繁に再発する。

もうこれ以上時間をかけることも無理なので、iMac修理とキーボード交換を、頼み込んだ。
その手続きの最中、連絡先アプリで住所を確認しているときに、とうとう電源が落ちた…

iMac修理依頼とキーボード交換

そこで、なんとかiMacの修理とキーボード交換ということに。

ズバッと初期化するらしいので、OS Xは、El Capitan 10.11.1にして、iWorksなどのプレインストールのアプリも欠かさず、いろいろわがままを言わせてもらった。

キーボード交換

ところで、キーボード交換依頼の電話後、夕方に発送手配、翌日の昼過ぎには到着!
関東発で、翌日に中国地方に届くとは、Appleが凄いのか、クロネコヤマトが凄いのか。

神的なキーボード交換

故障キーボードを箱に詰めて返却。

ためしに、新しいキーボードをiMacに接続してみたが、システム環境設定→キーボードからのBluetoothが検出されないまま。
やはり、iMac本体のほうがおかしいと思いたい。

ちなみに、交換してもらったのは、旧製品の「Apple Wireless Keyboard」
現在は、「Magic Keyboard」になっている。

iMac回収

11月1日の夜にクロネコヤマトが大きなボックスを持参。
その中に、iMacを詰めて、ポンプで浮き袋みたいなものをふくらませて動かないように固定。
無事、お持ち帰りとなった。

修理状況の確認

Apple製品は、修理ナンバーとシリアル番号を入力して、修理状況を確認できる。

11月3日現在

Apple製品の修理状況の確認

11月4日現在

Apple製品の修理状況の確認その2

メールも届いた。

修理に必要な部品を手配中

おお、部品交換。
ということはやはりハード的な不具合もあったということね。

11月10日現在

Apple製品の修理状況の確認その3

iMac到着

11月12日、iMac帰還。

修理報告書には、電源断もキーボード連打も、再現できなかったと書いてある。

  • パワーサプライ交換
  • ワイヤレスカード交換
  • FusionDrive再構築
  • 10.11.1の初期化再インストール

これが、修理の作業内容である。

これから、数時間、いや数日かけて過去の環境を再現する予定である。

キーボード勝手に連打(リピート)再発

やれやれ、11月15日にキーボードの勝手リピートが再発した。

再起動すれば症状がおさまるので、Bluetoothを切ってみたが、これでは改善しない。
そこで、Keyboardの電源を切ってみるとどうだろうか、試してみた。
(といっても、前回も何度もやってみたのだが…)

Apple Wireless Keyboardの電源

キーボードの右側に、電源スイッチがある。
これを押すと、キーボード表面の右上のほうでグリーンの小さいライトが点灯する。
そのまま押し続けると、グリーンが消えて、キーボードの電源が切れる。

Apple Wireless Keyboardの電源のオンオフ

今回は、これが効き目があって、再度電源を入れると、リピートの症状がおさまったようである。

やれやれ…

«
»