iDとiPhone dカードGOLDアップグレードでdポイント10倍になるdocomo料金は?

docomoでiPhone以外にdカードGOLDにアップグレードして災難

スマホを使うだけなのにdocomoは複雑。料金とdアカウント、dポイント、ラスボスはdカードGOLD

docomoでiPhone 7へ機種変更(ガラケーから)
同時にdカードをGOLDにアップグレードがトラブルの元

まずdocomoのスマホや携帯は、dアカウントが必要。
もし、支払いをdカード(旧DCMX)にしていると、dアカウントに紐付けられる。

家族で複数のスマホや携帯を持っていて、
docomoで家族契約、dカードで一括支払い、
ここに、大きなトラップがしかけられる。

スポンサーリンク

まずはiPhone 7

個人的に使っているのはiPhone 6S、会社として表示確認もあるのでiPhone 6 Plus、あとはiPad。

今回、ヨメがガラケーからスマホに、iPhone 7に機種変更した。

はじめてスマホ割やらなんやらで、この段階では、かなり支払い減となる。

ところで、同じiOS 10.2であっても、6Sと7では設定などが微妙に違っていて、実際に7を触りながらアドバイスしなければならない。

しかも気のせいか、6Sよりも7のほうが、軽い。

どさくさでiPhone以外にdカードやドコモ光やヒカリTVとあれこれ契約を取るな!

単に、ガラケーをスマホに変えるだけだったのに、

iPhoneとスマホ契約の説明が長いから、それだけでも時間がかかる。
当初の見積もりは、2時間だった。

ところが、 どさくさの抱き合わせの意図があるのか、
ドコモ光への切替やら、dカードのアップグレードや、ひかりTVの加入斡旋やら、
とうとう、4時間ほどもかかった。

なお、名称が「光」と「ひかり」など散らかっているし、docomoとドコモと、そしてApple的な「d○○」など、消費者は混乱するばかりである。

さらに、散らかっているのは名称だけでなく、docomoはそれぞれの商品やサービスごとにWebサイトを立ちあげているので、ちょっとしたことを知りたいだけなのに、あちらこちらのサイトを見回らなければならない。

うんざりである。

docomoのシステムの分かりにくさ

結論としては、家族契約しようが、クレジットカードなどでまとめて支払おうが、
電話機ごとスマホごと、名義ごとに、出すものは一括、受け取るものは別あつかいという認識でスタートするべきである。

こちらの利益になる際には、dカード1枚に紐付けされるのは、その名義人ひとりだけであり、同じ名義人のdocomo料金のみである。

家族の名義のケータイやスマホの料金に対してdポイント増となるケースは、その名義の家族が家族カードを持っている場合だけである。

よって、川上の名義人のほうに、川下の(つまり家族の)docomo料金支払いをまとめることができるものはすべてまとめる。
電話のカケホーダイは個別になるが、パケット料金はまとめることができる。
また、ゴールドになったら、ドコモ光への切り替えもdポイント10倍返しとなる。

このような、どうでもいい知識などを収集するために、しかも検索してもピンポイントの情報は少なく、電話をかけまくって数日、かなりの時間を費やした。

dカードGOLDへのアップグレードで年会費もアップグレード
最悪なのはクレジットカード番号が変わること

dカードGOLD

docomoの店舗では、説明がなかった。
あるいは説明されたとしても、聞き逃した。

書類が届いて、ひっくり返ることになるが、年会費が10,000円+税である。
レギュラーのdカードは、年会費は1円でも使うと無料だから、大ごとである。

このように、今さらdocomo各サービスのサイトを見つけてFAQを熟読しても、後の祭りだ。

極めつけは、カード番号が変わることである。
AppleやAmazonや、ドメインやサーバーなど、業務関連もクレジット決済が非常に多いので、あちらこちらで変更しなければならない。

docomoで、機種変更のたびごとにdポイントを充当してきたので(数万円相当)、クレジットカードの支払いはほぼdカードに集中させている。

逆に、dポイントが多少増えることになっても、機種変更くらいにしか使っていないので、まず年会費増が災難である。

カード番号が変わり、dカードでの支払いにしているところもたくさんあるので、カード登録変更がこれまた地獄の苦しみである。

GOLD契約を取り返しレギュラーのdカードへ戻す試み

dカード レギュラー

年会費とカード番号変更の二重苦が嫌でたまらないので、書類が届いたらすぐ、まずdカードのほうに電話した。

とにかく、GOLDを止めて元に戻したい。

ところが
並みのdカードに戻すことはできるが、そのときも新しいカード番号になる。
という、予想外でおそろしい回答。

もはや、GOLDのままでも、レギュラーに戻しても、カード番号が変わることは不可避となった。

あとは、dカードGOLDのdポイント増のメリットで、年会費増を相殺できるかどうか、比較検討のみである。

iDとdポイント

iD

GOLDでもレギュラーでも、dカードというかdポイントの有効活用法があれば、情報収集しておきたい。

また、どうせカード番号が変わるのであれば、レギュラーに戻すに当たってまた契約書に記入するのは勘弁して欲しい。

なんとかGOLDで、dポイント増を年会費に充当したい。

ポイントをなにかモノと交換するのは、バカバカしい。
おそらく、ポイントを使うよりも、低額でゲットできるはずだ。
それよりも、要らないものと交換する可能性が高い(笑)

現金相当の使い道が、絶対である。

うわさに聞いていた「iD」。

私のiPhone 6Sでは、「タッチでお支払い」は無理だが、
ヨメのiPhone 7では、可能である。

無理にスマホ、おサイフケータイでなくても、dカードでも「iD」を使うこともできる。

dポイントは還元率1%、100円で1ポイントである。

そのdポイントを、iD支払い用で電子マネー化することができる。

本商品は2,000ポイント単位で交換でき、2,000ポイントにつき2,000円分をiDキャッシュバック(dカード)としてdカードのiDご利用料金に充当いたします。
交換可能なポイントの上限は数は、1か月あたり40,000ポイント(20口)です。

今まで、dカードのdポイントは、docomoでおもに機種変更のみに使ってきた。
dポイントを現金相当に変更し、公私で支払いに充当できる可能性は分かった。

よって、最後の詰めは、dカードGOLDによるポイント増が、具体的にどれほどのメリットとなるかである。

dカードGOLDでdポイント10倍返し!?

じつは、dカードGOLDによるdポイント増とは、dカードGOLDによるものではなく、dポイントのGOLDステージによるものである。

よって、レギュラーのdカードでも、dポイントのGOLDステージに達すれば、いわゆるdocomo料金の一部10倍返しは実現できる。

6か月間のdポイント獲得数で査定される。
毎年12月~5月および6月~11月の6か月間に獲得したdポイントの総数が、10,000ポイント以上が、dポイントのゴールドステージの条件である。

つまり、12月~5月で10,000ポイント以上であれば、7月~12月に適用される。
dカードGOLDでは、この6カ月ごとの査定もなく、ずっとdポイント ゴールドステージになるということだ。

dポイント10倍返しのdocomo料金対象

ポイント操作が面倒、カード番号書き換えがうっとうしい、年会費10,800円なんてとんでもない。
そう思う方は、dカードをGOLDへアップグレードすることは止めておくことをアドバイスしたい。

docomo料金のうち、基本使用料(電話のカケホーダイなど)、またパケット代、そのほか少額のサービス料。
大きいのは、ドコモ光。

最低でも、毎月2000ポイントくらいは恩恵がありそうなので、年会費10,800円はペイできて余る計算になる。

結局、大騒ぎしたが、dカードGOLDをレギュラーに戻すことは止めた。

スポンサーリンク
«
»