Apple、Google(Alphabet)、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2017年1-3月期(Q1)の決算 株価・時価総額

Apple、Google(Alphabet)、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2017年1-3月期(Q1)の決算 株価・時価総額

スマートフォンの隆盛と、パソコンの凋落が、ますます決定的になってきた。ほんとうのモバイルファーストとはどういうことなのかを考えるときでもある

スポンサーリンク

Google(Alphabet)、Apple、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2017年1-3月期(Q4 第4四半期)の業績

Google Inc(GOOG)・Alphabet(GOOGL)、Apple Inc.(AAPL)、Amazon.com, Inc.(AMZN)、Facebook Inc(FB)、Microsoft Corporation(MSFT)、Yahoo! Inc.(YHOO)が、2017年1-3月期(Q1)の決算を発表している。

  • Google Inc.(GOOG)・Alphabet(GOOGL)、米国時間2017年4月27日発表
  • Amazon.com, Inc.(AMZN)、米国時間2017年4月27日発表
  • Microsoft(MSFT)、米国時間2017年4月27日発表
  • Apple Inc.(AAPL)、米国時間2017年5月2日発表
  • Facebook Inc(FB)、米国時間2017年5月3日発表
  • Yahoo! Inc.(YHOO)、米国時間2017年5月?日発表
スポンサーリンク
2017年1-3月期 (単位:ドル)
  売上 純利益 1株利益
Google 247億5000万 54億3000万 7.73
Apple 528億9600万 110億2900万 2.10
Amazon 357億 7億2400万 1.48
Facebook 80億3200万 30億6400万 1.04
Microsoft 220億9000万 48億100万 0.61
Yahoo      

前年同期:2016年1-3月期

前年同期の決算は次のとおり

2016年1-3月期 (単位:ドル)
  売上 純利益 1株利益
Google 202億5700万 52億4800万 6.02
Apple 505億5700万 105億1600万 1.90
Amazon 291億2800万 5億1300万 1.07
Facebook 53億8200万 15億1000万 0.52
Microsoft 205億3000万 37億6000万 0.47
Yahoo 10億8700万 △9900万 △0.10

※GAAPベース
※Googleの業績はAlphabetのもの

TAC
Traffic Acquisition Cost、広告を掲載したパートナーに支払うトラフィック獲得費
1株利益
1株あたりの純利益額
GAAP
Generally Accepted Accounting Principlesの略。ギャープと言うらしい…
US-GAAPは、アメリカの一般に認められた会計原則
非GAAP
株式の報酬や所得税、その他の損益などを調整して、企業の決算をトレーダーに見えやすくする会計?

1-3月期 Q1 第1四半期

アメリカでは、3カ月ごとに決算を発表している。

第1四半期 1-3月期 first quarter 1Q または Q1
第2四半期 4-6月期 second quarter 2Q または Q2
第3四半期 7-9月期 third quarter 3Q または Q3
第4四半期 10-12月期 fourth quater 4Q または Q4

じつは、企業の決算月によって、四半期の呼び方が変わり、第1四半期(Q1)が1-3月期なのは、12月に年度決算を迎える企業だけである。

このブログでは、そこは無視して、今までどおりに「1-3月期」をメイン表示、「Q1第1四半期」を()内のサブ表示とむりくり称することにする。

GOOG(GOOGL)・GOOGL(Alphabet)、AAPL、AMZN、FB、MSFT、YHOOの2017年1-3月期(Q1)の業績

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)各社の2017年1-3月期(Q1)の業績は、簡単に次のとおり

Google Inc.(GOOG)・Alphabet(GOOGL)

広告収入は、214億1000万ドルで、前年同期比18.8%増
広告クリック数は、44%増

その他部門、スマートフォン(Pixel)、Google Play、クラウド事業などの売上高は31億ドル、49.4%増

YouTubeの「エロ・グロ・テロ」動画の広告問題で、大手スポンサーの出稿停止騒動が起こっているが、影響はほとんどなかったようだ。

Googleのモバイルファーストは、スマホページを優先的にインデックスするといった「モバイルファーストインデックス」から、狭隘なSEO観点として判断するのは間違っているかもしれない。

とくにGoogleは一貫して、モバイルでの、アプリやブラウザーの表示を、デスクトップ(パソコン)に採用している事実を重く見て、UI/UX観点からビジネスサイトは再考するべきだろう。

つまり、まずスマホ最適のページ・サイトをつくって、それをPC版にも適用するという「コペルニクス的転回」が、真のモバイルファーストになるはずだ。

Apple Inc.(AAPL)

Appleの製品別売り上げ
iPhone 売上高:332億4900万(-39%) 販売数:5076万3000(-1%)
iPad 売上高:38億8900万(-12%) 販売数:892万2000(-13%)
Mac 売上高:58億4400万(14%) 販売数:419万9000(4%)
サービス部門 売上高:70億4100万(18%)  
その他製品 売上高:28億7300万(31%)  

()内は前年同期比。売上高はドル単位
サービス部門:デジタルコンテンツ・サービス、AppleCare、Apple Pay、ライセンスなど
その他製品:Apple TV、Apple Watch、Beats製品、iPod、その他Appleブランド製品やサードパーティーのアクセサリーなど

Appleの地域別売り上げ
北米 211億5700万(11%)
ヨーロッパ 127億3300万(10%)
中国 107億2600万(-14%)
日本 44億8500万(5%)
その他アジア太平洋 37億9500万(20%)

海外での売上は全体の65%

今回から、下記を参考に表にまとめました。

Appleという企業の業績からは、iPhoneの売り上げの推移は重大なことかもしれないが、もう、スマホは世界中に十分に行き渡ったと見なすべきだろう。

パソコン知らず、スマホネイティブのユーザーを対象に、ネットビジネスを再考するべきだ。

Amazon.com, Inc.(AMZN)

なんと、8期連続の黒字
(利益は将来的な事業に投資する悪いクセがなくなってきた…)

クラウドサービスであるAmazon Web Services(AWS)が好調
AWSの売上高は、36億6100万ドル、前年同期比43%増
営業利益は、8億9000万ドル、同47%増

株主やアナリストの注目は、Amazon本来のeコマースではなく、クラウドのほうらしい。

eコマースに限っても、レスポンシブになっていない、日本の楽天市場やYahooショッピングを見ると、Amazonなどの外資系の技術力は比較にならない。

そして、将来的な収益(出店者を含む)にも影響する可能性があるだろう。

Facebook Inc(FB)

広告による売上高は、78億5700万ドル、前年同期比51%増、総売上高の98%
モバイル広告の売上高の比率は、85%

日間アクティブユーザー数(DAU)は、12億8400万人、同18%増
月間アクティブユーザー数(MAU)は、19億3600万人、同17%増

3月末時点の従業員数は、1万8770人

アメリカのネット広告

2016年のネット広告売上が725憶ドル
Google:376憶ドル+Facebook:141憶ドル=517憶ドル
アメリカのネット広告売上高(725憶ドル)の71.3%

GoogleとFacebookは、モバイル広告と動画広告
インターネット広告売上の半分以上はモバイル広告
Facebookの広告売上高の84%はモバイル広告

ついでにTwitter

  • Twitter Inc (TWTR)、米国時間2017年5月?日発表

買収されるのも時間の問題だが、噂が聞こえてこない…

スポンサーリンク

Microsoft(MSFT)

Azureなど、法人向けクラウドサービスが寄与
Azureの売上高は、前年同期比93%増、クラウド部門の売上高は、67億6300万ドル、同11%増

企業向けOffice 365の売上高が45%増、MAU(月間アクティブユーザー数)は1億人を突破
コンシューマー(一般消費者)向けOffice 365の加入者は2620万人
Office 365を中心とする部門の売上高は、79億5800万ドル、同22%増

Windowsと端末事業などの部門は、88億3600万ドル、同7.3%減

結局、MicrosoftはB2Bが堅実

また、MSのモバイルでの低調は、デスクトップ版ECサイトの低調にもつながっている。

おそらく2年ほど前までのパソコン中心の、知識や技術、ノウハウ、業績は、今は破綻しつつある。

Yahoo! Inc.(YHOO)

決算未発表

ついでにYahoo日本(Yahoo! JAPAN)

  • ヤフー(4689)、2017年4月26日発表

アスクルの買収、およびその物流センター火災の影響で、2期連続営業利益は減少

Yahoo! JAPANとしては、スマホシフトに成功、ユーザー数も伸び、広告ビジネス、ヤフオクなどすべて順調
Yahooショッピングの流通総額、ショッピング広告、クレジットカードの有効会員数や取扱高も成長

Yahoo! JAPANの業績はともかく、スマホ版WebやアプリなどのUI/UXは、モバイルファーストのページ・サイトづくりの参考になるだろう。

GOOG、AAPL、AMZN、FB、MSFT、YHOOの株価と時価総額

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)の株価と時価総額。

時間内取引と時間外取引

時間内取引あとに決算が発表され、時間外取引で株価が大きく動くこともある。

時間内取引は、米国東部時間の、9:30~16:00。
時間外取引は、米国東部時間の、8:00~9:30、16:00~20:00。

結局、朝の8時から夜の8時までということである(笑)

各社の株価は下記のリンク先へ

今期の株価や時価総額

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)の株価と時価総額

なんだかんだと言っても、アメリカの株式市場は、脊髄反射の一喜一憂。
業績を先読み予想して株の売り買い、売上や利益が予想と違っていると売り買い。

Appleは、やはり時価総額一位を保っている。
そして、他社も(Yahooさえ!)、株価が前年に対して上昇している。

2017年5月3日現在の株価と時価総額
  1株あたり($) Market Cap($) 時価総額(円)
Google 945.52 651.79B 73兆5089億
Apple 146.75 776.45B 87兆5680億
Amazon 940.83 449.18B 50兆6585億
Facebook 148.01 440.74B 49兆7067億
Microsoft 69.04 532.49B 60兆0542億
Yahoo 48.54 46.97B 5兆2973億

※上記Googleの株価や時価総額はAlphabetのもの

1株あたりの値は米時間2017年5月3日 時間外取引のもの。
Market Cap(時価総額)は同上の株価に基づく。Bはビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間2017年5月4日 11:39現在1ドル=112.78円。

前年同期の株価と時価総額

時価総額は、円高・円安などがあるので、ドル建てのほうを参考にしたほうが成長が分かりやすい。

2016年4月28日現在の株価と時価総額
  1株あたり($) Market Cap($) 時価総額(円)
Google 710.75 477.44B 51兆1672億
Apple 95.09 492.77B 52兆8102億
Amazon 678.00 279.15B 29兆9165億
Facebook 117.80 332.64B 35兆6490億
Microsoft 50.06 388.42B 41兆6270億
Yahoo 36.81 34.49B 3兆6963億

※上記Googleの株価や時価総額はAlphabetのもの

1株あたりの値は米時間2016年4月28日 時間内取引最終のもの。
Market Cap(時価総額)は同上の株価に基づく。Bはビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間2016年4月28日 12:19現在1ドル=107.17円。

スポンサーリンク
«