Apple、Google(Alphabet)、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2016年10-12月期(Q4)の決算 株価・時価総額

Apple、Google(Alphabet)、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2016年10-12月期(Q4)の決算 株価・時価総額

iPhoneとMacBook Pro過去最高売上 Appleも過去最高四半期売上 Googleの検索連動広告に懸念? MicrosoftはAzureとOfficeなどクラウド堅調 Yahoo! JAPANのEC革命は成功で第2弾へ向かう

Google(Alphabet)、Apple、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2016年10-12月期(Q4 第4四半期)の業績

Google Inc(GOOG)・Alphabet(GOOGL)、Apple Inc.(AAPL)、Amazon.com, Inc.(AMZN)、Facebook Inc(FB)、Microsoft Corporation(MSFT)、Yahoo! Inc.(YHOO)が、2016年10-12月期(Q4)の決算を発表している。

  • Amazon.com, Inc.(AMZN)、米国時間2017年2月2日発表
  • Facebook Inc(FB)、米国時間2017年2月1日発表
  • Apple Inc.(AAPL)、米国時間2017年1月31日発表
  • Google Inc.(GOOG)・Alphabet(GOOGL)、米国時間2017年1月26日発表
  • Microsoft(MSFT)、米国時間2017年1月26日発表
  • Yahoo! Inc.(YHOO)、米国時間2017年1月23日発表
スポンサーリンク
2016年10-12月期 (単位:ドル)
  売上 純利益 1株利益
Google 260億6000万 53億3000万 7.56
Apple 783億5100万 178億9100万 3.36
Amazon 437億4100万 7億4900万 1.54
Facebook 88億900万 35億6800万 1.21
Microsoft 240億9000万 52億 0.66
Yahoo 14億6900万 1億6200万 0.17

※GAAPベース
※上記Googleの業績はAlphabetのもの

TAC
Traffic Acquisition Cost、広告を掲載したパートナーに支払うトラフィック獲得費
1株利益
1株あたりの純利益額
GAAP
Generally Accepted Accounting Principlesの略。ギャープと言うらしい…
US-GAAPは、アメリカの一般に認められた会計原則
非GAAP
株式の報酬や所得税、その他の損益などを調整して、企業の決算をトレーダーに見えやすくする会計?

前年同期:2015年10-12月期

前年同期の決算は次のとおり

2015年10-12月期 (単位:ドル)
  売上 純利益 1株利益
Google 213億2900万 49億2300万 7.06
Apple 758億7200万 183億6100万 1.96
Amazon 357億5000万 4億8200万 1.00
Facebook 58億4000万 15億6200万 0.54
Microsoft 237億9600万 49億9800万 0.62
Yahoo 12億7300万 -44億3000万 -4.7

1-3月期 Q1 第1四半期

アメリカでは、3カ月ごとに決算を発表している。

第1四半期 1-3月期 first quarter 1Q または Q1
第2四半期 4-6月期 second quarter 2Q または Q2
第3四半期 7-9月期 third quarter 3Q または Q3
第4四半期 10-12月期 fourth quater 4Q または Q4

じつは、企業の決算月によって、四半期の呼び方が変わり、第1四半期(Q1)が1-3月期なのは、12月に年度決算を迎える企業だけである。

このブログでは、そこは無視して、今までどおりに「1-3月期」をメイン表示、「Q1第1四半期」を()内のサブ表示とむりくり称することにする。

GOOG(GOOGL)・GOOGL(Alphabet)、AAPL、AMZN、FB、MSFT、YHOOの2016年10-12月期(Q4)の業績

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)各社の2016年10-12月期(Q4)の業績は、簡単に次のとおり

Google Inc.(GOOG)・Alphabet(GOOGL)

検索広告以外でも、やや健闘。
(ピュアなGoogle頼りからの脱却の可能性がある?)

広告収入は224億ドルで前年比17.4%増。
ペイド・クリック数(広告クリック数)は36%増。前四半期は33%増。(アナリスト予想平均は26.9%増)

コスト・パー・クリック(CPC、クリック単価)は9%低下。モバイル広告の売り上げが増えていることが影響。(これも指摘され続けている)
CPCの低下傾向は、YouTube事業で扱う広告が増えているから。
つまり、モバイル検索そのものでは、不振に近い?

株価が低調になっているが、Googleの検索連動広告の収益に対する将来的な不安。さらにGoogle以外の事業の成否への懸念とAlphabetが予想利益を達成できていないこと。

Apple Inc.(AAPL)

過去最高の四半期売上高を記録
iPhone、Apple Watchが販売台数と売上高の記録を更新、
Macとサービスの売上高も過去最高
(MacBook Pro、Apple Payなどが貢献)

売上高:783億5100万ドル(前年同期比3%増)
純利益:178億9100万ドル(同3%減)
営業利益:233億5900万ドル(同3%減)

iPhone:出荷台数7829万台(5%増)、売上高543億7800万ドル(同5%増)
iPad:出荷台数1308万1000台(19%減)、売上高55億3300万ドル(同22%減)
Mac:出荷台数537万4000台(同1%増)、売上高72億4400万ドル(同7%増)

App Store、Apple Musicなど「その他サービス」:売上高71億7200万ドル(18%増)
Apple Watch、iPod、Apple TVなど「その他ハードウエアおよびアクセサリー」:売上高40億2400万ドル(同8%減)

地域別の売上高は、
米大陸:319億6800万ドル(同9%増)
欧州:185億2100万ドル(同3%増)
日本:57億6600万ドル(同20%増)
中国:162億3300万ドル(同12%減)
他のアジア太平洋地域:58億6300万ドル(同8%増)
米国外の売上高は総売上高に対して64%。

タブレットは衰退傾向が変わらず、スマートフォンもファブレットというか大画面化がトレンド。
意外にもMacBook Proがかなり売れたこと。ノートパソコンは開発用も含めて需要は落ちていない。

Amazon.com, Inc.(AMZN)

7四半期連続の黒字
(Amazonは利益以上の投資で赤字イメージが強いの、7期連続黒字もニュースになる)

売上高構成比は、北米(米国とカナダ)60%、
海外(英国、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、スペイン、日本、中国、オーストラリア、インド、メキシコ、ブラジル)32%、
クラウド事業AWS(Amazon Web Services)8%。

AWS売上高は35億3600ドル(前年同期比47%増)、
営業利益は9億2600万ドル(同60%増)。
AWSは急成長を続けているものの、はアナリストの売上高予想平均は36億ドルで、期待を裏切る結果に株価は下落…

本業の物販では、配送費などが今後もかさむ予想。

Amazonの今後は、クラウド事業の高収益化。

Facebook Inc(FB)

売上、利益ともに過去最高を更新

DAU(日間アクティブユーザー数)は12億3000万人。
MAU(月間アクティブユーザー数)は18億6000万人。
モバイルDAUは11億4900万人、モバイルMAUは17億4000万人。
(メディアによって、前年同期比、前期比など、データが不明瞭)

広告売上高全体に占めるモバイル広告売上高の割合は、前期から横ばいの約84%。

欧米では広告売上やユーザー増は横ばい、途上国で絶好調。

Instagramで広告事業の拡大を続け、先発競合をしのぐ勢い。

モバイル、途上国、Instagram、ビデオコンテンツなどが、現在と将来のFacebookのメルクマール。

ついでにTwitter

  • Twitter Inc (TWTR)、米国時間2017年2月9日発表

売上高は7億1700万ドル(前年同期比1%増)
利益は、マイナス1億6700万ドル、1株当たりマイナス23セント。前年同期はマイナス9000万ドルで、赤字が大きく拡大。

広告売上は、6億3800万ドル(横ばい)
米国での売上が7%減。

結局、トランプ効果も収益には貢献しなかった。

株価はかなり下がっている。

スポンサーリンク

Microsoft(MSFT)

Azureなど、法人向けクラウドサービスが寄与。
ただし、クラウドエンジニアリングなどへの投資がかさみ、営業利益は7%減。
サーバやAzureを扱うIntelligent Cloud部門全体の売上高は8%増の68億6000万ドル。

Officeを含む「Productivity and Business Processes」の売上高は73億8200万ドル(前年同期比10%増)
企業向けOffice製品およびサービスによる売上高が同5%増、法人向けOffice 365は同47%増。
非クラウド版のOfficeの売上高は13%減。
消費者向けOffice製品およびサービスの収益は同22%増、Office 365のサブスクリプション総数は2490万人。

非GAAPベースの売上高と純利益はいずれもアナリスト予測(売上高は253億ドル、非GAAPベースの1株当たりの純利益は79セント)を上回った。

Microsoftは、脱パッケージソフト、さらにはAzureやOfficeなどクラウドへ。

Yahoo! Inc.(YHOO)

モバイル、ビデオ、ネイティブ、ソーシャル広告の総称)の合計売上高は5億9000万ドル(前年同期比25%増)

Verizonが買収後、Yahoo!は中核事業売却後に社名を「Altaba」に変更し、
中国Alibabaの株式15%と日本Yahoo! Japanの株式35.5%を保有する投資会社に。

Verizon入りする見込みの現CEOマリッサ・メイヤーはYahoo!(Altaba)の取締役を退任。

ついでにYahoo日本(Yahoo! JAPAN)

2017年2月3日発表

Yahoo! JAPANの決算はかなり読むのが難しい。

第3四半期(10~12月)の連結決算では、売上高6309億円(前年同期比41.7%増)、営業利益1521億円(同22.0%減)、最終利益1047億円(同31.7%減)とのこと。

ディスプレイ広告の売上が増加、前期にアスクルを連結子会社化したことで売上高が拡大。
前年同期比で減益となったのも、アスクルがらみ。

Yahoo! JAPAN単体では好調!
売上高は2213億円(前年同期比12.7%増)で、過去最高を記録。
営業利益517億円(同20.0%増)、四半期利益は356億円(同24.0%増)。

広告事業が伸びている。全体では729億円(同10.4%増)。
低調気味の検索連動広告が持ち直し(同で5.9%増)、ディスプレイ広告(YDN)が375億円(同15%増)。
スマートフォン広告の売上高が373億円(同36.4%増)、PCと比較した売上高比率が51.2%と半数超え。

今後は、Facebook同様に動画広告を重視。
検索連動広告では、成長し続ける期待感は薄いようだ。

「ヤフオク!」の取扱高2421億円(同3.6%増)で過去最高を更新。

ショッピング事業も好調。
取扱高は1407億円(同23.4%増)、ストア側のショッピング広告も倍増。その売上高は58億円(同93.3%増)で、取扱高・広告ともに過去最高を記録。

「EC革命」第2弾は、「メディア・広告」「ショッピング」「クレジットカード」「プレミアム会員」の4つの柱。
パーソナライズされたサービスを展開する「強烈に強いマルチビッグデータの会社」を目指す。

GOOG、AAPL、AMZN、FB、MSFT、YHOOの株価と時価総額

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)の株価と時価総額。

時間内取引と時間外取引

時間内取引あとに決算が発表され、時間外取引で株価が大きく動くこともある。

時間内取引は、米国東部時間の、9:30~16:00。
時間外取引は、米国東部時間の、8:00~9:30、16:00~20:00。

結局、朝の8時から夜の8時までということである(笑)

各社の株価は下記のリンク先へ

今期の株価や時価総額

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)の株価と時価総額

なんだかんだと言っても、アメリカの株式市場は、脊髄反射の一喜一憂。
業績を先読み予想して株の売り買い、売上や利益が予想と違っていると売り買い。

さて、YHOO(Yahoo)も、まもなく消える。
この決算レポートからも削除することになる。

なお、AMZN(Amazon)は時間外取引でかなり下がっている。

かなりの円高で、日本円換算の時価総額も凄いことになっている。

2017年2月2日現在の株価と時価総額
  1株あたり($) Market Cap($) 時価総額(円)
Google 817.00 543.92B 62兆6670億
Apple 128.50 716.94B 81兆1218億
Amazon 811.50 403.42B 45兆6470億
Facebook 130.62 385.52B 43兆6216億
Microsoft 63.19 480.07B 54兆3200億
Yahoo 43.54 41.41B 4兆6855億

※上記Googleの株価や時価総額はAlphabetのもの

1株あたりの値は米時間2017年2月2日 時間外取引のもの。
Market Cap(時価総額)は同上の株価に基づく。Bはビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間2017年2月3日 18:39現在1ドル=113.15円。

前年同期の株価と時価総額

時価総額は、円高・円安などがあるので、ドル建てのほうを参考にしたほうが成長が分かりやすい。

2015年1月29日現在の株価と時価総額
  1株あたり($) Market Cap($) 時価総額(円)
Google 517.88 347.01B 40兆9368億
Apple 119.05 671.91B 79兆2518億
Amazon 349.93 140.67B 16兆5920億
Facebook 78.83 214.22B 25兆2673億
Microsoft 42.05 337.47B 39兆8046億
Yahoo 43.52 44.06B 5兆1978億

1株あたりの値は米時間2015年1月30日 時間外取引のもの。
Market Cap(時価総額)は同上の株価に基づく。Bはビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間2015年1月30日 12:30現在1ドル=117.97円。

スポンサーリンク
«
»