Google(Alphabet)、Apple、Amazon、Facebook、Microsoft、Yahooの2015年10-12月期(Q4第4四半期)の業績

Google Inc(GOOG)・Alphabet(GOOGL)、Apple Inc.(AAPL)、Amazon.com, Inc.(AMZN)、Facebook Inc(FB)、Microsoft Corporation(MSFT)、Yahoo! Inc.(YHOO)が、2015年10-12月期(Q4)の決算を発表している。

  • Apple Inc.(AAPL)、米国時間2016年1月26日発表
  • Facebook Inc(FB)、米国時間2016年1月27日発表
  • Amazon.com, Inc.(AMZN)、米国時間2016年1月28日発表
  • Microsoft(MSFT)、米国時間2016年1月28日発表
  • Google Inc.(GOOG)・Alphabet(GOOGL)、米国時間2016年2月1日発表
  • Yahoo! Inc.(YHOO)、米国時間2016年2月2日発表
2015年10-12月期 (単位:ドル)
  売上 純利益 1株利益
Google 213億2900万 49億2300万 7.06
Apple 758億7200万 183億6100万 1.96
Amazon 357億5000万 4億8200万 1.00
Facebook 58億4000万 15億6200万 0.54
Microsoft 237億9600万 49億9800万 0.62
Yahoo 12億7300万 -44億3000万 -4.7

※GAAPベース
※上記Googleの業績はAlphabetのもの

TAC
Traffic Acquisition Cost、広告を掲載したパートナーに支払うトラフィック獲得費
1株利益
1株あたりの純利益額
GAAP
Generally Accepted Accounting Principlesの略。ギャープと言うらしい…
US-GAAPは、アメリカの一般に認められた会計原則
非GAAP
株式の報酬や所得税、その他の損益などを調整して、企業の決算をトレーダーに見えやすくする会計?

前年同期:2014年10-12月期

前年同期の決算は次のとおり

2014年10-12月期 (単位:ドル)
  売上 純利益 1株利益
Google 181億300万 47億5700万 6.88
Apple 745億9900万 180億2400万 3.06
Amazon 293億3000万 2億1400万 0.45
Facebook 38億5100万 7億100万 0.25
Microsoft 264億7000万 58億6300万 0.71
Yahoo 12億5300万 1億6600万 0.17

10-12月期 Q4第4四半期

アメリカでは、3カ月ごとに決算を発表している。

第1四半期 1-3月期 first quarter 1Q または Q1
第2四半期 4-6月期 second quarter 2Q または Q2
第3四半期 7-9月期 third quarter 3Q または Q3
第4四半期 10-12月期 fourth quater 4Q または Q4

じつは、企業の決算月によって、四半期の呼び方が変わり、第1四半期(Q1)が1-3月期なのは、12月に年度決算を迎える企業だけである。

このブログでは、そこは無視して、今までどおりに「1-3月期」をメイン表示、「Q1第1四半期」を()内のサブ表示とむりくり称することにする。

GOOG(GOOGL)・GOOGL(Alphabet)、AAPL、AMZN、FB、MSFT、YHOOの2015年10-12月期(Q4)の業績

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)各社の2015年10-12月期(Q4)の業績は、簡単に次のとおり

Google Inc.(GOOG)・Alphabet(GOOGL)

Googleの上位会社Alphabetは、事業区分をGoogleと「Other Bets(その他)」に分離。
Googleは、検索、広告、コマース、Googleマップ、YouTube、アプリ、クラウドサービス、Android、Chrome、Google Play、ハードウェア製品など。
Other Bets(その他)は、Access/Google Fiber、Calico、Nest、Verily、GV、Google Capital、Xなど。

Other Bets(その他)の、2015年の売上は4億4800万ドル、営業損失は36億ドル。
Google(Alphabet)は、事業の統廃合を進めているが、損失・コストは増え続けている。

AlphabetがついにAppleの時価総額を追い越したが(一瞬!)、ソフトウェア企業がハードウェア企業を追い越すことは想定済みらしい。
ただし、かつてAppleがMicrosoftの時価総額を抜きさったのはなんだったのだろうか?

Alphabetの従業員数は、2015年12月末で6万1814人、2014年末の5万3600人から15%増加。

モバイル広告

Googleの売上は前年同期比18%増。
広告収入は190億7800万ドルで、同17%増。

モバイル端末の普及やにYouTubeのTrueView広告などの影響で、クリック単価は下落し続けている。
クリック単価は前年同期比で13%減、ただし有料クリック数は31%増。

Google対Apple

時価総額で瞬間的にAppleを抜いたGoogleだが、両者は深い関係にある。
(総じて、訴訟相手同士も売上を依存していることも多い)

2014年に、GoogleはiOSでデフォルトの検索エンジン設定の対価として10億ドル(日本円1,200億円!)を支払っていたらしい。

また、信憑性や期間がよく分からないが、GoogleのAndroid売上は310億ドルで、利益は220億ドルと。

この情報の出所が、いろいろ興味深い。
Googleと裁判中のOracleが、Google提出の非公開文書を漏らしたとのこと。

Apple Inc.(AAPL)

Apple神話が崩壊したような報道が多い。

ただし、iPhone、Apple Watch、サービス(iTunes StoreやApple Musicなど)、Apple TVの売上高がいずれも過去最高を記録している。

iPadの販売台数は25%減の1612万2000台。販売台数は7期連続の減少。売上高は、21%減の70億8400万ドル。
なお、2015年11月にiPad Proが発売。

Macの販売台数は、4%減の531万2000台。売上高は3%減の67億4600万ドル。

iTunes StoreやApple Music、その他のサービスなどの売り上げは26%増の60億5600万ドル。

Apple Watch、iPod、Apple TV、Beats Electronicsなどのその他の売上は、62%増の43億5100万ドル。

中国での売上高は183億ドルで、アメリカに次ぐ規模。
日本での売上高は48億ドル。

なお、現在全世界で使用されている(インストールベース)iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、Apple Watchをすべて合わせた数は、約10億台に達するとのこと。

インドにApple Store(直営店)を出店する計画。

モバイル端末

iPhoneの販売台数は、前年同期ほぼ横ばいの7477万9000台、売上高は1%増の516億3500万ドル。

Amazon.com, Inc.(AMZN)

Amazonは、売上増分が利益増に反映していない。
有料会員プログラム「プライム」向けの新サービス導入が、コスト増をまねいている。

クラウドサービス事業は約70%増、24億1000万ドル。

Facebook Inc(FB)

世界の月間アクティブユーザー数は、15億9000万人を超えた。

モバイルの月間アクティブユーザー数も、前年同期比21%増で、14億4000万人。
ということで、Facebookはほぼモバイルということになる(約90%)。

モバイル広告

広告事業の80%がモバイル端末から。

高い広告ターゲティング精度が高評価で、技術は画像共有サービスの傘下Instagramなど、他にも導入されている。

なお、この四半期では、今まで苦戦していた海外市場で収益化が大きく進展したこと。

Microsoft(MSFT)

Windowsの売り上げは、5%減。

なお、Windows 10は2億台以上のデバイスで稼働。

コンシューマー向けの売上は14%減。
Office 365」の登録ユーザー数は累計で2060万人。

検索広告ビジネスでは前進。売上は29%増。

Surfaceの売上は、Surface Pro 4とSurface Bookが貢献し、29%増。

クラウドでは、今四半期は94億ドル相当。
サーバー製品の売上は10%アップ、Azureは好調で売上高が5%増の63億4300万ドル。

モバイル端末

モバイル端末では、Lumiaを含むスマートフォンの売上は49%減。

Yahoo! Inc.(YHOO)

わずかながらの増収だが、恐ろしいほどの損益。

従業員の15%(およそ1700人)を削減し、成長が期待できるスマートフォンでの検索事業などに経営資源を集中するらしい。

GOOG、AAPL、AMZN、FB、MSFT、YHOOの株価と時価総額

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)の株価と時価総額。

時間内取引と時間外取引

時間内取引あとに決算が発表され、時間外取引で株価が大きく動くこともある。

時間内取引は、米国東部時間の、9:30~16:00。
時間外取引は、米国東部時間の、8:00~9:30、16:00~20:00。

結局、朝の8時から夜の8時までということである(笑)

各社の株価は下記のリンク先へ

今期の株価や時価総額

GOOG(Google)・GOOGL(Alphabet)、AAPL(Apple)、AMZN(Amazon)、FB(Facebook)、MSFT(Microsoft)、YHOO(Yahoo)の株価と時価総額

Google(Alphabet)が、瞬間的にAppleの時価総額を抜いたのだが、今はAppleが持ち直して世界一に復帰している。
とはいっても、下記表のとおり、Appleの時価総額は前年から相当に落ち込んでいる。
逆に、Googleの伸びはいちじるしい。

また、利益をあげないといつもやり玉に挙げられるAmazonだが、前年からの株価や時価総額の伸びはすばらしい。

もちろん、Facebookも凄い。

2016年2月2日現在の株価と時価総額
  1株あたり($) Market Cap($) 時価総額(円)
Google 782.00 523.59B 62兆6475億
Apple 94.77 534.66B 63兆9721億
Amazon 551.05 270.64B 32兆4200億
Facebook 114.59 327.58B 39兆2408億
Microsoft 52.90 432.72B 51兆7750億
Yahoo 28.72 27.92B 3兆3406億

※上記Googleの株価や時価総額はAlphabetのもの

1株あたりの値は米時間2016年2月2日 時間内取引最終のもの。
Market Cap(時価総額)は同上の株価に基づく。Bはビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間2016年2月3日 16:00現在1ドル=119.65円。

前年同期の株価と時価総額

時価総額は、円高・円安などがあるので、ドル建てのほうを参考にしたほうが成長が分かりやすい。

2015年1月29日現在の株価と時価総額
  1株あたり($) Market Cap($) 時価総額(円)
Google 517.88 347.01B 40兆9368億
Apple 119.05 671.91B 79兆2518億
Amazon 349.93 140.67B 16兆5920億
Facebook 78.83 214.22B 25兆2673億
Microsoft 42.05 337.47B 39兆8046億
Yahoo 43.52 44.06B 5兆1978億

1株あたりの値は米時間2015年1月30日 時間外取引のもの。
Market Cap(時価総額)は同上の株価に基づく。Bはビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間2015年1月30日 12:30現在1ドル=117.97円。

«
»