DMCA に基づく Google 検索からの削除のお知らせ ~ アフィリエイト受難のケース

DMCA に基づく Google 検索からの削除のお知らせ ~ アフィリエイト受難のケース
Google でこの削除を行わなかった場合、侵害の実体があるかどうかにかかわらず Google が著作権侵害の責を問われることになります

コアアップデートやアルゴリズム更新より致命的な「DMCA検索削除」

WIPO ドメイン名紛争処理申立書 中古ドメインで知的財産権がらみのトラブル

WIPOドメイン紛争処理はレアケースだが、DMCA著作権侵害の申し立ては、それなりに遭遇することがある

DMCAの著作権侵害の申し立ては、Googleが簡単に受け付けるとは思わないが、だからこそ、異議申し立てによる検索復帰はハードルが高い

 

以下、Googleから送られてきたメール

DMCA に基づく Google 検索からの削除のお知らせ

https://ドメイン名/ のウェブマスター様

Google ではこのたび、デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)の規定に従い、貴サイトにあるコンテンツの一部が他者の著作権を侵害しているとする申し立て通知を受領いたしました。現在、違法とされたコンテンツを Google 検索結果から削除する作業を行っております。

Google で受け取った通知の内容は、個人を特定する情報を削除した上で、法的申し立て通知を集めた第三者サイト Lumen の 次の URL に掲載される可能性があります。

https://lumendatabase.org/notices/~

なお、この通知の内容が上記のページに掲載されるまでには数週間かかる場合があります。

ウェブマスター様の方でできること

異議申し立て通知を送信

DMCA に基づくリクエストによってご自分のサイトやページが誤って削除されたとお考えの場合は、 DMCA に基づく異議申し立て通知をお送りいただければ、Google でその通知を受け取り次第、コンテンツを検索結果に復帰できることがあります。

弁護士に相談する

この通知に関して法的なご質問がある場合は、ご自身で弁護士に相談されることをおすすめします。

ご不明な点がある場合

デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)は、著作権侵害に際してのオンライン サービス プロバイダの責任に関するガイドラインを定めた米国の著作権法です。現在、他者の著作権を侵害しているとされたコンテンツを Google 検索結果から削除する作業を行っております。Google でこの削除を行わなかった場合、侵害の実体があるかどうかにかかわらず Google が著作権侵害の責を問われることになります。

ヘルプセンターの法的な削除リクエストの記事にある Google の法的削除手続きの説明をご覧ください。

Google が著作権侵害の責を問われる

次の箇所が意味深である

Google でこの削除を行わなかった場合、侵害の実体があるかどうかにかかわらず Google が著作権侵害の責を問われることになります。

恐ろしい数のDMCA申し立てを受け付けていると想像できるので、厳密に審査している余裕もないと思われる

つまり、疑わしきは罰する、という姿勢で検索削除をおこない、Google自体が著作権侵害の責を問われないように対応しているのだろう

だから、DMCAの問題、誤用、悪用に見舞われたときに、面倒臭いことになる

WordPressなどブログでダメージは大きい

個別ページが違法コンテンツの対象であれば、検索結果からの削除にともなって、そのページを削除することを選択してもいい
放置した後遺症を検証したことがないので、個別ページは削除して、DMCA申し立てされないコンテンツで再作成する

問題は、この個別ページのカテゴリートップやタグトップが対象となった場合、これが検索削除されるとなると、ダメージは大きい

たまには、トップページが対象となることもあり、その時はサイトはGoogle検索での滅亡となる

なお、カテゴリートップ/タグトップ、トップページは、Googleが判断するのではなく、申し立て者の指定に基づいているようだ

DMCA申し立ての問題 誤用・悪用

競合の悪意によって、DMCA申し立てされ、検索削除されることもある

Googleの審査が厳密ではなく、拙速で検索削除となりそうなので、悪用されている場合は、DMCA に基づく異議申し立て通知を送る

ちなみに、異議申し立て通知は、いろいろ面倒臭いが、著作権侵害ではないときは、Googleに認められ検索結果に復帰できる

アフィリエイトの問題

アフィリエイトで、ISP提供の画像を使っていて、DMCA申し立てを受けたケースがある

商品の製作販売会社が、IPSに出稿していて、広告を止めることがある
そのとき、自社販売、あるいは別のISPに切り替えることがある

元のIPSに削除依頼をしているだろうし、そのISPもアフィリエイトリンクは、別のURLにリダイレクトするはずだ

ISP側が、画像も削除ないし切り替えているなら無問題だが、画像が表示される場合、こちらのサーバーのキャッシュに残っている場合、タイミングで、そのページがDMCA申し立てのターゲットとなることがある

アダルトアフィリエイト

SEOで提携しているサイトで遭遇した件

たとえばAV女優が引退し、痕跡を消し去りたいとの依頼を受けた代理人が、即効性を期待して、IPSごとに削除依頼を出すと同時に、女優名で検索されるページのすべて、アフィリエイトのページだけでなく、アダルトIPSサイトのページまでも、DMCA申し立てのターゲットにする場合もある

人物が写っている画像は、気をつけなければ…

«
»