canonicalはURL正規化 重複コンテンツ防止

重複コンテンツ、同一のテキストなどが複数のURLで表示されると、Googleから重複コンテンツの嫌疑をかけられることも…

重複コンテンツ防止は「URL正規化」 metaタグに必ず、下記を設定しておこう。

  • <link rel="canonical" href="○○" />