canonicalはURL正規化 重複コンテンツ防止

重複コンテンツ、同一のテキストなどが複数のURLで表示されると、Googleから重複コンテンツの嫌疑をかけられることも…

重複コンテンツ防止は「URL正規化」 metaタグに必ず、下記を設定しておこう。

  • <link rel="canonical" href="○○" />
スポンサーリンク

最後のSEO 集大成 Googleのアルゴリズム変更に一喜一憂しないスマホ時代のWeb

トレンドはスマホ対応・SSL・スマホ最適化デザイン・UI/UX そしてユーザー利便性。検索結果に出ているランディングページは、検索窓と画像付きタップターゲットが数多い

最後のSEOとスマホ時代のWeb

記事を読む ≫

 
 
スポンサーリンク